人食いバクテリアの予防法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

lgf01a201306220100

近年になって致死率3割ともいわれる「人食いバクテリア」による被害が増加しています。感染すると急速に悪化し手足を壊死させてしまったり死亡に到る事もある恐怖の病原菌です。しかしあまり知られていないだけでこの病原菌はどこにでもいるものだったのです。まだ謎の多い「人食いバクテリア」について現段階で分かっていることを紹介します。


人食いバクテリアとは

「人食いバクテリア」とは正式な名称を「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」と言います。

<劇症型とは>

劇症型とは病気の進行が急激であり予後が不良(重症化しやすく死亡リスクも高いもの)である病気の型のことを言います。

この「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の原因となる主な菌は「A群溶血性レンサ球菌」と言うもので実は温帯地域には普通に見られる菌であり、この菌による感染症にかかる人は珍しくはないものなのです。

「A群溶血性レンサ球菌」による感染症では、風邪の様な症状が多く、上気道炎や咽頭炎、膿か疹や肺炎などの病原にもなります。多くは上気道炎や咽頭炎によるもので抗生物質の投与によって回復します。

<「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の症状>

「A群溶血性レンサ球菌」が何らかの原因で突発的に「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」を引き起こすと急速に病状が悪化し以下の様な症状が出ます。

初期症状

・手足の疼痛や腫れ

・発熱

・血圧の低下

発病後数十時間内に現れる重篤な症状

・軟部組織(骨以外の組織、筋肉や血管、腱、皮膚など)の壊死

・急性腎不全(多臓器不全)

・呼吸窮迫症候群(呼吸膜の漏れによって深刻な低酸素状態に陥る病気)

・播種性血管内凝固症候群(血液を正常に造る機能が制御できなくなり、体中のいたる所で血栓が発生して全身で機能不全が起こる病気)

<治療予後は深刻>

これらの深刻な症状によるショック状態から死亡することも多い病気です。早期治療ができたとしてもほとんどが重症化しており手術が原則とされています。壊死した細胞に菌が繁殖して周りの細胞に移ってしまう為に生存に必要な範囲の組織や臓器を除いて切除する必要が出てくる為です。

救命率が高い感染部位は手足であり、手足の場合には手足を切除することで臓器などの生存に不可欠な部位に移る前に病巣を取り除くことができることが理由です。それにより手足を壊死させる病気と若干誇張されて広まっている傾向がありますが、感染する部位は骨以外の組織全てというのが恐ろしい事実です。


感染経路

劇症型溶血性レンサ球菌感染症に突如として変化するA群溶血性レンサ球菌は皮膚の常在菌の一つであり原因菌自体はどこにでもいます。

まだ明らかになっている部分が少なく、現在最も多いと考えられるのはそのどこにでもいる病原菌が傷口などから血液に入り変異するものです。しかし、どういう理由で突然に変異を起こし深刻な症状を引き起こすのかは明らかになっていません。

飛まつ感染や経口感染なども考えられますが、それ自体は咽頭炎や上気道炎の代表的な感染経路であって咽頭炎などの症状が出ても出なくても感染は日常的に起きていると考えられます。

<近年増加している理由>

残念ながら増加傾向にあることは事実ですが理由は判明していません。一部で、医学の発展や検査の進歩によって、この劇症型溶血性レンサ球菌感染症を見逃すことが少なくなったことにあるとする意見もあります。この説の場合には感染者の数は変化していないが、劇症型溶血性レンサ球菌感染症と診断されるケースが増えたということになります。しかし、実際に理由は判明していなくても増加しているという可能性も否定はできないというのが現状です。


予防法

予防法としては日常的に病気の予防として行われていることが効果的であるとされています。

・うがい、手洗いの徹底

・傷口の消毒、保護

などです。

これだけの重症化する病気の予防法としては心許ない様な気もしてしまいますが、原因菌が常在菌の1種であることからもこれらの予防をすることが必要なのは確かなことでしょう。

意識をするのであれば、傷口から菌が入ることによる突然変異の可能性を考慮して今まで以上に傷口のケアや、入浴やプール、土を触る時や料理をする時などに傷口が直接触れないようにすることでしょう。


まとめ

人食いバクテリアの予防法は?
人食いバクテリアとは
感染経路
予防法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存