ヘルペスウイルスはキスで子どもにうつるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

ヘルペスウイルスはキスで子どもにうつるの?

herupesu-uturu-kisu

感染力が強いと言われる ヘルペスウイルスキス したり抱きしめて頬ずりしたり、口移しで食べ物を与えたり。

こんな家族の間では当たり前な事がヘルペスウイルスに感染しているときは うつる のでしてはいけないことになります。

知っていれば被害を拡大することが無く過ごせるので、ヘルペスに感染した時に覚えておきたいことをまとめてみました。


ヘルペスウイルスとは

「ヘルペス」とはウイルスが皮膚や粘膜に感染して、皮膚に水ぶくれの集まっている状態を指します。

代表的なものには水疱瘡(みずぼうそう)、帯状疱疹(たいじょうほうしん)、口唇(こうしん)ヘルペス、性器ヘルペスがあります。

子どもが多く感染するのは口唇ヘルペスやヘルペス性歯肉口内炎などが起こる単純ヘルペスウイルス1型と水痘帯状疱疹ウイルスですが、これらは日本人の70%から80%にがすでに感染していると言われています。

つまりこれらのウイルスに感染したのは乳幼児期の頃で、感染していても普段は症状が出ずに大人になることが多いのです。

大人になってからのヘルペスは風邪をひいたりストレスや体の抵抗力が落ちているときに発症します。

代表的なものは唇の周辺に出来る「口唇ヘルペス」です。

特に症状が出ている場合に新生児と接触すると、免疫機能が未熟なため全身に強い症状が出ることがあるので、キスなどは絶対に避けたほうが良いでしょう。


感染する原因は?

大人から子供へ

感染しても発症しない場合が多いと述べましたが、一度発症すると感染症なので人から人へと移っていきます。

とくに家族など密接な関係のある人同士の間では、その感染力はさらに広がると言えるでしょう。

例えば赤ちゃんに口移しで食べ物を与えたり、同じ箸やスプーンを使ったり、キスやほおずりでも患部が触れれば感染してしまいます。

また一度感染した人で今は症状が出ていない人でも、ひとたびウイルスが体内に入っているとウイルスが潜伏していることもあるので注意が必要です。

子どもから大人へ

大人の場合、免疫力が高い健康な人であれば、周囲に感染者がいてもヘルペスに感染することはありません。

しかし患部の水ぶくれが破れた時に触ってしまったり、大人になるまでヘルペスに感染せず抗体を持っていない人で、疲れていたり抵抗力が弱まっていたりする場合は子どもにキスされたり、、食事の時に同じ箸やスプーンを使ったりすると唾液を通して感染も考えられます。

また患部を触った手やタオルなど同じものを使うと感染する可能性も高くなります。

子どもが発症しているときは、看病するときマスク、手洗いなどを徹底し、感染しないいように気をつけましょう。


発症したときに気をつけたいことは

まずは何といっても患部の清潔を心がけることが一番大切です。

水ぶくれのある部分はそっと水洗いし、タオルでふくときもごしごしではなく、そっと拭くと良いでしょう。

水ぶくれのある部分は濡れて湿ると余計に症状が悪化したり、二次感染しやすくなるので、乾燥を心がけてください。

また、患部の水ぶくれが破れると、細菌に感染したり、回復が遅くなるのでとにかく触らないように、こすらないように注意してください。

そして周りの人が感染してしまわないよう、人込みには出かけないこと。

病院へ行く際は、長袖の服を着せたり、マスクで保護をしたりするのも効果的です。

またこれは小さな子どもにはなかなか酷なことではあるのですが、家族であってもヘルペスの症状が出ている間は、子どもが甘えてきたとしても、キスや頬をくっつけるなどは避けるようにしてください。

大人の繰り返す口唇ヘルペスの場合は、今は坑ウイルスの薬が、軟膏やクリームの外用薬に限り、薬局やドラッグストアで購入できるようになっているそうなので、いろいろと探し、早めに手当てしておくのが二次感染を防ぐ一番の方法ではないでしょうか。


まとめ

ヘルペスウイルスはキスで子どもにうつるの?
ヘルペスウイルスとは
感染する原因は?
発症したときに気をつけたいことは

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存