ヘルペスがみられた時(部位・症状)の注意点!病院に行くべき時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

ヘルペス は、ヘルペスウイルスによって発症する感染症のことで、水ぶくれが集まった状態のことをさしています。

ヘルペスと聞くと、主に口唇ヘルペスと言って、口の周りにできるヘルペスのことを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ヘルペスの経験がない方にとっては、耳にはするけれど詳しくは分からない病気かもしれません。

わが子にヘルペスができたら病院に行くべきでしょうか。

ヘルペスができる場所や症状、どのタイミングで病院に行けばよいのか、ヘルペスを発症した時の注意点を見ていきましょう。


病院に行くべき時はどんな時?ヘルペスがみられた時(部位・症状)の注意点

ヘルペスとは

身近な人の中にヘルペスが出てしまったと言っている人はいるけれど、私はなったことがなくて、どんな病気か分からない、とおっしゃる方もいるかもしれませんが、実は、発症はしていなくても日本人の7~8割はヘルペスを発症する原因、ヘルペスウイルスを持っていると言われています。

ヘルペスというのは水疱が集まった状態のことを言い、代表的な病気は口唇ヘルペスと言われる、口の周りにヘルペスができる感染症です。

その原因はヘルペスウイルスというウイルスで、大変身近なウイルスです。

8種類あり、そのうち、単純ヘルペス1型、2型が口の周りや体に水疱を作ります。

水疱瘡や帯状疱疹を発症させる水痘・帯状疱疹ウイルスもヘルペスウイルスの一つです。

ヘルペスウイルスは一度感染すると、体から完全に追い出すことはできません。

普段は神経細胞の中に潜んでいておとなしくしているのですが、体調が悪かったり免疫力が低下すると悪さをし出します。

そのため、口唇ヘルペスは再発を繰り返すことが多い病気です。


子供に見られるヘルペス

乳幼児がヘルペスウイルスに感染し、初めて症状が出る時、ヘルペス性歯肉口内炎を発症することが多く、口やのどが痛み、発熱は高熱で2~5日ほど続くことがあります。

口の中には口内炎が多発し、痛みで飲んだり食べたりすることができない場合もあります。

初めて発症する時は、重症化しやすく、ヘルペスによる急性脳炎をおこすこともありますので、注意が必要です。

意識障害やけいれんを伴うような時は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

ヘルペスウイルスは症状が落ち着き、良くなっても体の中に隠れています。

そのため、再発を繰り返すことがありますが、初めて症状が出た時ほど重症化はせず、1~2週間ほどで自然に治るものです。

しかし、子供は患部を指でさわってしまったり、アトピー性皮膚炎がある場合など、悪化する可能性もありますので、ヘルペスに気づいたら、なるべく早く病院で診てもらうようにした方が良いでしょう。


子供のヘルペス、出るのは口のまわりだけ?

ヘルペスを発症する原因、ヘルペスウイルスは単純ヘルペスウイルスと言い、1型と2型があります。

主に口唇ヘルペスを発症するのは1型、性器ヘルペスと言って下半身に症状が出るのは2型が多いと言われています。

しかし、特に初めて症状が出る場合は、どこでも出る可能性がありますので、ヘルペスかどうか判断が難しい時は、早めに病院で診てもらいましょう。


ヘルペスウイルスの予防で大事なこと

ヘルペスウイルスは感染力の強いウイルスですので、周りの方にうつさないように注意が必要です。

幼稚園や保育園などに通っている場合には、病院で判断を仰ぎ、必要な期間はお休みするようにしましょう。

また、大人が子供にうつしてしまうこともあるので、家族の中にヘルペスを発症している方がいる場合には、タオルの供用をしない、患部を触れたときにはよく手を洗う、小さいお子さんにはキスなどしないようにします。

ヘルペスは再発しやすいので、大人も子供もストレスや疲れをためないようにし、免疫力が低下しないよう、心がけていきましょう。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存