学校で流行するヘルパンギーナ!登校の目安は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

herupanngiine-gakkou

子供に流行しやすい ヘルパンギーナ ですが、高熱が出たり口の中に水泡ができる上に、特効薬がないという病気なので、我が子にはかかって欲しくないですよね。ヘルパンギーナが 学校 で流行してしまう理由を知ることで予防や登校について解説していきます。


ヘルパンギーナの登校の目安について

学校では、「学校における予防すべき感染症」は学校保健安全法に従い出席停止となることが定められています。

例えば、毎年冬に流行するインフルエンザは発症後5日が経過し、解熱後2日が経過するまでは出席が認められないように、おたふく風邪や水疱瘡なども出席停止になるなど、一度は聞いたことがありますよね。

ヘルパンギーナはインフルエンザのように、発症しても特に出席停止とはならず、欠席者が多く授業に支障をきたす場合や保護者に不安が多い場合のみ、特別な措置が取られる場合があるという程度です。

前述のとおり、ウィルスを保持している期間が長く、発熱がなく本人が元気であれば登校できる環境も、ヘルパンギーナが流行しやすい要因であるでしょう。


ヘルパンギーナの潜伏期間と感染期間

ヘルパンギーナは夏風邪の一種で、エンテロウイルス属の主にコクサッキーウイルスA群というウイルスに感染することで発症する、ウイルス性の感染症です。

症状としては、高熱が出ることと、口の中に水泡のような発疹ができます。

手足口病と似ていて、乳幼児の間で流行しやすい代表的な夏風邪です。

症状や原因、おうちでのケアについて詳しくは、「夏に流行するヘルパンギーナ、いつから登園して良いの?」の記事を参考にしてください。

ヘルパンギーナはなぜ学校や保育園、幼稚園で流行しやすいのでしょうか。

まずはその潜伏期間が発熱する2~4日前であることです。

ウィルスに感染してから自覚症状がでるのが遅いので、その間に周りに感染してしまいます。

また、発熱などの症状が治まり回復期に入っても、2~3週間はウィルスが残存していると言われているので、その間に油断すると周りが感染する可能性があるのです。

つまり、感染してから1か月弱の間はウィルスを保持していると言えるので、周りがしっかりと予防しないと感染することがあります。


ヘルパンギーナの予防法

ヘルパンギーナは、これといった特効薬が無く、ワクチンによる予防接種がないことも学校で流行しやすい原因と言えます。

感染経路としては、飛沫感染や糞口感染と言って便から出たウィルスが手などに付着することで感染します。

うがい、手洗い、マスク、手指の消毒の励行など基本的な風邪の予防法が有効と言えます。

小さいお子様が感染した場合は、トイレの後の手洗いをしっかりと行わないと、手で触ったところにウィルスが付着してしまうので注意してあげましょう。

しかし幼児にずっとマスクをかけておくことは難しく、教室という狭い空間の中で長時間を過ごすことや、子供同士の接触が多い中で完全に予防するのは難しいでしょう。

いざという時に困らないように、普段からご家庭でうがい手洗いの習慣を作ることや、免疫がさがると感染しやすいので、免疫力をあげるような食事を摂ったり体調を崩さないようにしてあげるのが良いですね。

流行するのが夏ということで、夏バテに注意し、クーラーの効いた室内で冷えてしまわないように衣服を調節してあげることも必要でしょう。


終わりに

ヘルパンギーナは感染してしまっても、比較的予後が良好と言われています。

しかし、仕事を持つお母さんの場合は数日は仕事を休まなければならないことや、口の中の違和感に苦しむ我が子を見るのは辛いですね。

風邪というと冬のイメージがありますが、夏の間も油断せずに健やかな学校生活が送れるようにしてあげましょう。


今回のまとめ

学校で流行するヘルパンギーナ!登校の目安は?
ヘルパンギーナの登校の目安について
ヘルパンギーナの潜伏期間と感染期間
ヘルパンギーナの予防法
終わりに

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存