ヘルパンギーナの潜伏期間と感染の可能性がある期間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン


herupangi-na-senpukukikan

夏風邪と呼ばれる ヘルパンギーナ ですが大人が二次感染すると症状が重く出がちです。ウイルスの 潜伏期間 について正しい知識を持って二次感染および重症化を防ぎましょう。


ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは夏風邪とも呼ばれ6月後半から8月ごろ乳幼児、幼児がよく感染する病気です。

ウィルス性の病気でエンテロウィルス(コサッキーウィルスが主)に感染することで発症します。


潜伏期間と感染

ヘルパンギーナの原因ウィルス、エンテロウィルスの潜伏期間は2日から5日(長くとも1週間)といわれています。

潜伏期間とは、ウィルスに感染してから症状を発症するまでの期間ですがこの間も他の人に移してしまう、移ってしまう可能性があります。

発症している期間は2日から4日程ですが、その後発症から3週間ほどは便にウィルスが排出されることも確認されています。

乳幼児のお子さんの場合おむつ替えを介して感染してしまうことがありますので症状が治まった後も手洗いマスクなどでの予防が必要です。


ヘルパンギーナの症状

症状としては高熱が出ることが多く、喉頭内に水膨れ(口内炎)咽頭の炎症(腫れ)がおき食事の時に喉に強い痛みを伴うことが多いです。

お子さんが感染した場合口の中をのぞくと白っぽいぶつぶつとした口内炎が容易に確認できるでしょう。

この口内炎のために食事のとき痛みがあり食欲が落ちることがあります。

また高熱が出ることがありますので熱性痙攣などにも注意が必要です。

健康な大人は感染しにくいのですが看病の疲れなどから免疫が低下していると感染しやすくなります。大人の場合は喉の痛みに加え高熱による倦怠感や関節の痛みなども起こりやすく、症状は予想以上に重く感じてしまうでしょう。

また通常2日から4日で熱は下がりますが4日過ぎても高熱がある場合は髄膜炎などの合併症を起こしている可能性もありますので高熱が続く場合は受診をしてください。


かかってしまったら

高熱が出ますのでまずは安静に。脱水症状を防ぐために水分補給をしっかりしましょう。

その場合酸味の強い飲み物や極端に冷たい、また熱い飲み物などは刺激になってしまいますので注意が必要です。

常温のイオン飲料や砂糖を溶かした白湯、ぬるめの麦茶、番茶などが喉に優しいと思います。

食事も咽頭の腫れがひどいうちは上手にとれないと思います。

のど越しがよく刺激の少ない食事が良いのですが痛みが強いうちは無理にたくさん与えようとせず少しずつ何度かに分けてとらせると良いかと思います。

刺激が少なく食べやすくするには塩分控えめに味付けし、ぬるくしたうどんやおかゆ、しばらくの間ですので酸味の少ないゼリーなどでもよいでしょう。

うどんやおかゆの場合味付けも薄めにつけましょう、お野菜やお肉などは喉にあたりますので控えた方がよいでしょう。

病気だから栄養をとらせなくては!と思うかもしれませんが食事がうまくとれない期間はそうそう長い期間ではありません。

無理に栄養をとらせるより水分補給を大切にする。気負わないようにする事が良いと思います。


治療

現在エンテロウィルスに対する抗ウイルス薬はありませんし予防接種もありません。

感染してしまったら対処薬での対応になります。

一般に高熱となると解熱剤が処方されますが実は、発熱する。ということは体内でウィルスと抗体が戦ってウイルスをやっつけている。という事なので熱があっても普通に遊べているような場合は解熱剤は使用しなくて大丈夫です。

ただ、あまりにもぐったりしている。呼吸が荒い。という時は解熱剤を使って熱を下げてあげた方が良いという事です。

病気の時はお子さんをよく観察する事。お母さんが一番の主治医なのです。


まとめ

感染症の場合お子さんの看病が終わりほっとして気が抜けたころに自分やほかの家族が発症する…なんてことが起こりがちですね。

ヘルパンギーナは感染の可能性がある期間が長い病気です。

お子さんが小さいうちは特に、お母さんが倒れていては大変ですので常に栄養のある美味しい物を食べて、休める時は休んで健康でありたいものです。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存