歯の矯正は子供のうちにやっておくべき!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

 歯の矯正は子供のうちにやっておくべき!?

hanokyousei

欧米などでは一般的な子供の 歯の矯正

大人になってから歯の矯正をしようと思うとお金や期間もかかってしまいます。

歯並びが悪いと、大人になってから噛み合わせや親不知の生え方にも影響してしまいます。

子供の歯の矯正(小児矯正)について説明していきます。


小児矯正には二種類ある!?

子供の歯の矯正(小児矯正)には“一期治療”と“二期治療”の二種類があります。

一期治療は顎の骨などを矯正する骨格矯正のことで、上下の歯が出ているような場合に有効です。

また、顎が小さい場合、永久歯が生えてくるときにスペースが足りず八重歯になってしまいます。そのようなケースを防ぐためにも有効的な手段です。

二期治療は歯並びを整える歯列矯正のことです。

一般的によく見られる、ワイヤーなどで歯並びを矯正する方法です。

一期治療で骨格がキレイに整えられた場合、二期治療の歯列矯正は不要になる場合もあります。


矯正の時期や期間

一期治療(骨格矯正)は乳歯が生えてから、お子さんの歯並びや噛み合わせなどを確認してから行います。

子供の骨は柔らかく、年齢が若いほど骨格矯正は短い期間で終わります。

骨格矯正の一般的な治療開始時期は3~12歳までと言われています。

二期治療(歯列矯正)は一期治療の時期が過ぎてから(永久歯が生えそろってきてから)始めるのが一般的です。

大体10歳~成人までが治療開始時期となります。

一期治療で永久歯がキレイに生えてくるよう誘導できた場合には二期治療は不要となります。

そのためにも、早い段階で矯正出来るようであれば、歯科医と相談の上で治療を始めると良いでしょう。


矯正開始時期の注意点

上で一期治療、二期治療について説明しましたが、全ての場合に当てはまるわけではありません。

永久歯が生えそろってから治療を始めた方が良いケースもあれば、なるべく早く骨格矯正を始めた方が良いケースもあります。

骨格や歯並びは個人差が大きいので、いつ、どのような治療をすべきかは歯科医の診断の下、ということになります。

一般的には、骨格に重度の異常がない場合は急ぐ必要はありません。

受け口や出っ歯、顎がずれているような場合は骨格そのものの問題が大きいと考えられるので一期治療を歯科医に相談するのが良いでしょう。


矯正中の注意点

矯正中の食べる物でいくつか注意点があります。

まず、矯正器具をつけて間もないうちは固い食べ物を食べる際に注意が必要です。

硬い物を食べると痛みを生じる場合がありますので、矯正を始めて間もないうちは柔らかい食べ物を食べさせてあげるようにしましょう。

また、硬い物を思い切り噛むと矯正器具が外れたり破損したりすることもあるので注意しましょう。

歯や矯正器具にくっついてしまうような食べ物(おもち、キャラメル、ソフトキャンディーなど)も、矯正器具が外れてしまう原因となります。

もし矯正器具が外れてしまった場合は自分で装着するのではなく、必ず歯科医院へ行って下さい。

自力で無理に装着すると口内や歯を傷つけてしまう場合があります。


矯正後の注意点

歯の矯正は、治療が終わったらおしまい!というわけではありません。

後戻りと言って、治療器具を外すと治療前の歯並びに戻ってしまう場合があります。

また、永久歯が生えそろっていない段階で治療を開始した場合、永久歯が生えて歯並びが変わってしまうこともありますし、成人してから親不知が生えてきて噛み合わせが悪くなってしまうこともあります。

治療が終わったからと言って安心せず、治療後も定期的にチェックしてもらうことが大切です。

もちろん、必ず後戻りが起きるわけではありませんので歯の矯正が無駄だとは思わないでくださいね!


まとめ

歯の矯正は子供のうちにやっておくべき!?
小児矯正には二種類ある!?
矯正の時期や期間
矯正開始時期の注意点
矯正中の注意点
矯正後の注意点

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存