小児急性白血病の初期症状。気になったら迷わず病院へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

hakketubyou-syoujyou

血液のガンとも言われる「白血病」。

「うちの子に限ってなるはずがない」と断定することはできません。

初期 症状 が合致する、「なんだか気になる」胸騒ぎがしたら、すぐに受診を。白血病は早期発見・的確な早期治療が重要です。

今回は、小児急性白血病の初期症状を中心にお伝えします。


白血病になったら、どんな症状が出るの?

初めは発熱(繰り返し)がみられる場合が多いようです。

他にも主な症状として

  • あざの多量出現(消えにくい)
  • 鼻血
  • 顔色不良
  • 倦怠感(だるい)

など、いずれも正常な造血機能が低下したために起こる症状が見られます。

関節が痛かったり、リンパ節が腫れるなどの症状がみられる場合があります。

気になる所見があれば、すぐに病院へ受診しましょう。発熱の繰り返しだけでは、血液検査をすぐにされないかもしれませんが血液検査をしてもらえるように受付に最初に伝えておきましょう。

とくに出血症状があるときには、医師に必ず伝えてください。


【関連記事】

急性白血病の症状と治療法は?


白血病の原因は未だ不明です。親御さんのせいではありません

放射線を大量に浴びたり、ウイルス感染(ごく特定型の白血病)など、断片的には分かってきていますが、多くの場合は特定できていません。

電磁波や化学物質の影響も医学的に説明できるレベルではありません。

白血病も他のガンと同様に、遺伝子の傷が重なって発症することは分かってきています。

乳幼児期のリンパ性白血病の多くは、遺伝子異常が胎児期に白血病化したもの、幼児期のものは生後に第2の遺伝子異常が重なって白血病になると言われています。

「胎児期」や「遺伝子」などと聞くと、親御さんは強い責任を感じてしまうかもしれませんが、それは違います。

我が子がどんな顔で、どんな手のかたちで、どんな能力を持って生まれてくるなんて選べないように、病気だって同じです。

誰のせいでもありませんし、こうしたから病気にしてしまった、なんてことは一つもありません。


白血病には3種類あります

子どもの白血病には大きく3種類あり、子どもの場合はそのほとんどが急性白血病です。

<その1・急性リンパ性白血病>

リンパ球ががん化したのが急性リンパ性白血病です。小児急性白血病の代表格で、リンパ球が成熟していく段階でガン化したものです。

小児急性白血病の約70%を占めます。

また、急性リンパ性白血病内でも細分化されており、リンパ球のどの段階でガン化が始まったかで名称が異なります。

・B前駆細胞型白血病…Bリンパ球に成熟する前段階(小児期に一番多い白血病)

・T細胞型白血病…Tリンパ球まで成熟した後の段階

・B細胞型白血病…Bリンパ球まで成熟した後の段階

<その2・急性骨髄性白血病>

リンパ球以外の白血球・赤血球・血小板になる予定の細胞がガン化したのが急性骨髄性白血病です。

こちらも成熟していく段階でガン化したものですが、子どもよりも大人に多くみられる病気です。小児急性白血病の約20%を占めます。

<その3・慢性骨髄性白血病>

子どもにはまれなパターンの白血病です。

成熟した白血病が異常に増加し、さらにある程度機能を持った白血球細胞(芽球)も作り出すことができると言われています。

何年かのうちには急性白血病に移行する可能性があります。

白血病のパターンや身体の状態で、治療方法は刻々と変化します。医師と相談して、最良の治療へ臨みます。


白血病は治る病気になってきています

白血病の治療は長期にわたりますし、痛みを伴う検査があったり、薬の副作用も強い。

学校に行けなかったり、家庭と離れての入院生活も余儀なくされるため、子どもの不安も親御さんの不安も図り知れません。

正直、大変過酷な病気です。

しかし、医学は確実に進歩し、今や基本的には治る病気になってきています!

 一昔前の白血病へのイメージとは異なります。

化学療法・放射線治療・移植さらに支持療法といったものを組み合わせ、医師や看護師、薬剤師、医療機関は全力で病気に立ち向かってくれます。

お子さんや親御さんには、強力な味方がたくさんいることを忘れないでください。病気に負けない強い気持ちが一番の薬になるはずです。


まとめ

小児急性白血病の初期症状。気になったら迷わず病院へ
白血病になったら、どんな症状が出るの?
白血病の原因は未だ不明です。親御さんのせいではありません
白血病には3種類あります
白血病は治る病気になってきています

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存