子どもの下痢・嘔吐時のホームケア法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

子どもの下痢・嘔吐時のホームケア法

alcohol

突然やってくる子どもの 嘔吐や下痢

嘔吐物の後片付けに、看病に、家事に、お母さんはてんやわんや!

予測できない事だからこそ、ちょっとした豆知識がいざという時に助かるものです。

今回は、そんな嘔吐や下痢の時に役立つホームケア法についてお伝えします。


大切なのは脱水症状を起こさないこと!

寒さと乾燥が日増しに強くなる季節は、感染症が蔓延するシーズン。

この時期になると、お母さんたちは子どもの健康管理が特に気になりますよね。

手洗い・うがいを徹底していたつもりでも、学校や幼稚園などの集団生活を送る子どもたちは、避けられないものです。

風邪やインフルエンザなどと並んで、この時期に厄介なのが、ノロウイルスやロタウイルスといった、感染性胃腸炎です。これらにかかると、嘔吐や下痢、腹痛、発熱と言った大変つらい症状に見舞われます。

下痢やおう吐といった症状は、体内の「脱水」を引き起こします。

脱水状態になってしまうと、痙攣をおこしたり、意識がなくなるなど、身体が大変深刻な状態になる場合もあります。

子どもが急性胃腸炎になったときには、まず第一に脱水状態にならないように、注意することが大切です。

かといって、吐き気が強いときに無理に水分を摂らせるのはよくありません。水分や食べ物を摂取することで、余計に吐き気を誘発しかねないからです。

吐き気が治まったら、水や経口補水液を、ひとさじずつ、ゆっくりと与えましょう。

清潔なガーゼなどに水を含ませて、吸うようにしてもよいですし、熱があるときなどは、氷をなめさせるのも有効です。

子どもは、ストローを使って飲む事が好きですが、ストローは思いのほか、一気に飲んでしまいがちなので、胃腸炎の時にはなるべく使用しない方がいいかもしれません。

飲んでも吐かなくなったら、おかゆや、すりおろしたリンゴなど、消化の良いものからゆっくり与えます。


どんな時に病院に行けばいいの?

まず、知っておきたいのは感染性胃腸炎には特効薬はありません。

どうやって、治すかというと、ひたすらに体内にあるウイルスを排出するのみ、なのです。

ですから、嘔吐や下痢と言った症状は、大変辛いものですが、身体がいち早くウイルスを出して、病気と闘っている状態であるとも言えます。もちろん、上記の理由において、下痢止め薬も、体内にウイルスを長く滞在させてしまうだけなので、処方されることはありません。

しかしながら、嘔吐や下痢は、水分を一気に排出してしまうため、身体への負担も大きくなります。注意深くケアをしていても脱水が起こっている時には、ぐったりして、顔色が悪かったり、尿が半日以上出ない(色が濃く、少量)、唇や舌が乾燥しているなどの症状が見られます。このような時には、急いで病院に受診してください。

また、乳幼児などは体調が一気に悪化する場合もあります。初めての胃腸炎で不安、なんだかいつもと違う感じがする、など気がかりがあるときには、吐き気が落ち着くのを待ってから、一度受診しましょう。

<病院に行くときにはコレ!安心グッズ>

胃腸炎のときに病院へ行くときには、以下のグッズを持って行きましょう。

・保険証、母子手帳

・おむつ(いつもより少し多め)

・おしりふき(なんでも拭ける万能アイテムです)

・ビニール袋(嘔吐物をキャッチします・大き目のもの数枚)

・捨ててもよいバスタオル(嘔吐時などなにかと役立ちます)

・箱ティッシュ

・着替え

・水分

など。外出先での嘔吐を想定したものを持参しましょう。間に合わず、お母さんの服に嘔吐物が付く事もあります。車で行く場合などは、着替えを積んでおくもの良いかもしれません。

また余裕があれば、症状の経過や下痢の状態・色などを医師に伝えられるよう、メモをしていくと診療がスムーズです。


嘔吐物の片づけを気を付けることで、家庭内感染を防ぎます

病気の子どもの看病とともに、お母さんが注意しなくてはならないものが、「嘔吐・下痢」の処理とお掃除です。

親御さんはもちろん、兄弟に移ってしまったら大変面倒なことになります。

処理方法を知って、二次感染を防ぎましょう。

<嘔吐物の掃除法>

   窓を開ける

   ゴム手袋とマスクを着用

   新聞紙やぞうきんなどで取り、そのまま袋へ密封

   塩素系漂白剤を50~100倍に希釈したもので拭くなどして除菌

   処理後は30秒以上の手洗い・うがい

※胃腸炎ウイルスは、消毒用アルコールやせっけんには耐性があります。塩素系漂白剤を使用しましょう。

柿に含まれるタンニンにはノロウイルスのたんぱく質を破壊する効果があるのでホームセンターなどで無臭タイプの柿渋の液を購入しアルコール消毒液で3倍に希釈して使用すると効果があります。

ノロウイルスの感染力はインフルエンザウイルスの1000倍ともいわれいいます。

我が家では、とにかく感染経路になりえるものは袋に密閉して処分という形で二次感染を防いでいました。

発症時に履いていたパンツやおう吐してしまった枕カバーもやむなくそのままゴミ箱へ。子どもの使うスプーンやコップも使い捨てを使用していました。

看病しながらの除菌作業は本当に大変ですが、予防対策・ホームケア頑張ってくださいね。一日も早い回復を願っております。


まとめ

子どもの下痢・嘔吐時のホームケア法
大切なのは脱水症状を起こさないこと!
どんな時に病院に行けばいいの?
嘔吐物の片づけを気を付けることで、家庭内感染を防ぎます

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存