赤ちゃんもゲーム依存症?ちいさい子供のゲーム依存の影響は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

baby

赤ちゃんでもママの携帯の画面を見て遊ぶことが多くなっていると思います。特に上にきょうだいがいる場合はゲームを始めてする年齢が早いようです。そしてゲームに没頭する子供の低年齢化が進んでいます。

それでは、ゲーム依存症 で気になるのは画面のブルーライトですが、どういった影響があるのでしょうか。またゲーム依存症の影響はその他にどんなものがあるのでしょうか。


赤ちゃんもゲーム依存症?ちいさい子供のゲーム依存の影響は

赤ちゃんの時期からの影響がアリ!

最近では、赤ちゃんに携帯の画面を見せて喜ぶので動画などを見せることが多くあります。

また、幼児でも簡単に手で携帯やタブレットを操作することができるようになりました。

自分でものを調べたり、絵を掻いたりすることが簡単に出来ることは良い事です。

このように、小さい時期から携帯やタブレットなどの機器が周りにある為、操作をすることが早く出来るようになり、ゲームなどの機械操作も簡単にできるようになるようです。

その為、テレビ、ゲーム、タブレット型のゲーム機などに小さい時期から没頭しやすくなってしまう傾向にあります。


ゲーム依存症!どういった影響があるの?

小さい頃から生活環境で、携帯やゲーム、インターネットの環境があるので、ゲームをすることに抵抗感ないということがあります。

それではゲーム依存症といったものはどういったものでしょうか。

小さい時期の子供ですと、親がルールを決めたりして、使用時間等の制限をすることで、長時間ゲームをすることまたゲームから離れられないといったことは少ないと思います。

しかし、ある程度大きな子供のなると、夜の時間などにゲームをすることでゲームを辞めれなくなってしまう。といったことになります。

特にインターネットなどを利用したオンラインゲームなどをしている子供などがこの「ゲーム依存症」になりやすい傾向です。

携帯やパソコン、携帯型ゲームなどによってインターネット接続を通じて、同時に複数の人数でゲームをプレーするものがオンラインゲームといったものになります。

それではゲーム依存になるとどういった影響があるのでしょうか

夜の時間帯にゲームをすることで睡眠不足になる

ゲームを何時間もすることで学校の勉強などがする時間が減り成績が下がる

学校の授業についていけなくなることで、登校拒否などにつながる

ゲームの中のアイテムなどを購入したい気持からお金使いが粗くなる

手持ちのお金がなくなると、恐喝や盗みなどの犯罪につながる

ゲーム以外の人との係わりが減り引きこもりになる

などがゲーム依存症になった時の影響についてです。

特にオンラインでの取引のゲームは依存度が強くなるといった傾向になるようです。


どうして、ゲーム依存症となるの?

それでは、どうしてゲーム依存症となるのでしょうか。

理由についてはいくつか考えられ、本人や家族などとの問題と社会全体の問題にあります。

  • 本人や家族、身近な関係の問題

両親の子供に対する関心が薄く目が届きにくい

(共働きや肩親で仕事に忙しいなど)

家族それそれで生活スタイルが違いズレの為係わりが少なくなる

(低年齢からのおけいこ事や学習塾、仕事で帰宅が遅いなど)

親世代でもゲームや電化機器が当たり前世代で抵抗感がない

現実では目立たなく、地味な存在でもゲームの中では全く違った物演じられる

ゲーム内で称賛されると嬉しくやめにくくなる

などがあります。

  • ゲームの内容、性質の問題

特にオンラインゲームの特徴はチームで戦うものが多く、連帯感が強くなる

ある一定の所になると、特別なクエストなど問題ができたり、ゲームを辞めにくく

面白く興味を引くようになっている

などがあります。

  • 社会全体の問題

小さい時期からゲーム・携帯保有率が高い(3DSなど)

多数がゲームをしていると、自分だけしないと仲間外れ意識が強くなる

などがあります。

愛知工業大学 経営情報科学部より

※ゲーム依存の現状と対策(個人的視点と社会的視点から)


ゲーム依存症にならないようにするには

それではゲーム依存症にならないようにするはどのようなことが必要でしょうか。

小さい子供の時期なら、ゲームをさせないといったことも可能ですが、周囲の友達で流行ったりまた、携帯など自分の持ち物となった時については難しくなってきます。

しかし、一定のルールを決めるとこでゲーム依存症を予防できると思います。

  • ゲーム依存症予防策

買う前にルールを決める

自分専用にしない

家庭内でゲームをする場所を決める

ゲームをする時間を決める

ルールをやぶった時のペナルティーを決める

親と会話ができる環境を作る

親もゲームの事について知っておく

アプリなどお金がかかるものにも親の管理とルールを決める

決めたルールは書面で残す

などです。

ルールはゲーム機を購入前にルールを決めることがベストです。

また決めたルールを書面で残すと、「言った言わない、知らない」などといったことを防ぐことができます。

PC、携帯、タブレットなどは出来る限り自分専用ではなく、親の管理が届く状態が望まく、ゲームをする場所についても一人で部屋にこもらないようにすると良いでしょう。

またデータ更新やアプリ購入の場合は相談の上お金が発生するものについては1月の限度額などを決め必ず、親と相談して行うルールを決めましょう。

もし、ルールを破ったら、「次の日のゲームは無し」といったようなペナルティーを設けて、家庭内でのゲームを行う時にルールを守ることができるものを行うと良いでしょう。

実はゲームをする以外で家庭内で子供と会話ができる環境を保つことを努力して、いつでも子供の相談に乗れように心がけることが大切です。

また親もゲームについて正しく知ることでメリットもありますので、子供に対して正しく使用できるように親も模範となれるように家庭内で取り組む必要性があるでしょう。

☆我が家の場合・ゲームについて☆

我が家の子供は現在小学生低学年ですが、ゲームの依存度はとても高い方かもしれません。

低年齢の子供はゲームが友達の間での会話のひとつとなっているので、これもゲームを無しにできない難しさがあります。

家庭内でのルールも月曜日はゲーム無しの日として、決めています。

少し前はゲーム機器の持ち出し禁止でしたが、子供がどうしても友達としたいということで持ち出しOKにしましたが、その分、ゲームの管理についての自己管理について、破損やゲームの内容が変更したりする場合は知らないということで納得して使用することになりました。

またひとつハードルを下げる代わりに家庭内の勉強が増える方式にしています。(といってもそんなに多くありませんが)

普段、学童保育で帰宅が遅い為どうしても、バタバタする為、短い時間でゲームをすることも多く、休みの日のゲーム時間は自然と多くなりました。(始めは1日30分ルールでした)

親もゲームをすることと行う場所はリビングということで家族内の会話はありますが、依存度は高いのはしかたがないのでしょうか。

我が家もなかなか親が思っている通りではないので難しいといった所が現状でしょうか。

皆様の家庭ではいかかでしょうか。本当に難しいですね。

独立行政法人国立病院 久里浜医療センターより

※PC、スマホルールの作り方のポイント


おわりに

ゲーム依存症については、年齢が高くなるほど管理が難しくなる傾向にあります。お金が発生するものについてはしっかりとルールを決めることで予防するしかないと思われます。

(例えばある程度大きな子供についてはお金が発生するものはおこづかいの中からもらうことや利用上限を決めるなどのルールは不可欠でしょう。)

また、PCやタブレット、携帯以外のゲーム機、などについてもしっかり、日頃から意識することで、小さい時期から親子話合いながら利用することで子供が大きくなった時に節度を持って自分でルールを決めてゲームができるようになるでしょう。


まとめ

赤ちゃんもゲーム依存症?ちいさい子供のゲーム依存の影響は
赤ちゃんの時期からの影響がアリ!
ゲーム依存症!どういった影響があるの?
どうして、ゲーム依存症となるの?
ゲーム依存症にならないようにするには

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存