子どもの腹痛と下痢について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

子どもの腹痛と下痢について

fukutuu-geri

小さな子どもはよく「お腹が痛い」と言う時があるものです。

赤ちゃんのまだおしゃべりが出来なかったころから、下痢や便秘 など腸に関するトラブルを一度は経験していることでしょう。

少し大きくなって言葉が話せるようになったとしても、子どもはなかなか自分の症状を言葉にして表すことはできません。

もし「お腹が痛い」と言った時は、どの様な症状が考えられるのでしょうか。

また腹痛に伴って下痢もしている場合はどのような病気に感染した可能性があるのでしょうか。

下痢による腹痛にはその発生の仕方から急性の下痢と、持続性の下痢に分けることが出来ます。

代表的なものをまとめてみました。


急性の下痢の場合

「細菌性下痢」

2、3日やそれより短い日数で突然発生して急激な症状を引き起こす下痢には、細菌性とウイルス性にわけることが出来ます。

まず細菌性の下痢は、食べたものが細菌に汚染されていて、それを口にしたことによって発生します。

代表的なものはサルモネラ菌やカンピロバクターですが、そのほか腸菅出血性大腸菌(O-157)、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌などがあります。

多くは6月から9月ごろの暑い時期によく発生する菌ですが、最近では1年を通して見られると言われています。

これらの菌に感染すると腹痛、嘔吐、発熱などがあり下痢をすると、便に粘膜や血が混じったり、魚の腐敗臭のようなにおいがすることがあります。

特にO-157に感染すると、腹痛が非常に強く、血液のような下痢便が出ることがあります。

「ウイルス性下痢」

ウイルス性下痢は子どもの下痢に大変多く、原因となるものではロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルスが代表的です。

ウイルス性の下痢と細菌性の下痢の違いは発生する時期と言われています。

ウイルス性による下痢は冬場に流行するのに対し、細菌性の下痢は夏場に多く見られます。

ウイルス性下痢は「おなかの風邪」と呼ばれるほど小さな子どもは感染する確率が高い病気ですが、吐き気や嘔吐が目立ち、続いて腹痛、発熱、喉の痛みなどが起こります。

小さな子どもの場合は、嘔吐のために気分が悪くてお腹が痛いのか、下痢のためにお腹が痛いのかはっきり表すことは難しいのですが、ウイルス性下痢では細菌性の時のように、腸から出血して血便が出るということはありません。


持続性の下痢の場合

「二次性乳糖不耐症」

自分の症状をうまく表せない子どもの場合、胃腸炎の後に起こる「乳糖不耐症」のために下痢が続き、そのために腹痛も治らないのかもしれません。

二次性乳糖不耐症とは、風邪などの症状によって下痢を起こした後に、胃腸の粘膜が荒れた状態になり、乳製品に含まれる乳糖を分解する力が弱くなって起こるものです。

「過敏性腸症候群」

腹痛などの痛みに対して敏感に反応してしまう子どもの場合、腹痛や腹部の不快感のために便の回数や便の状態の異常が起こる症状のことを言います。

腸の炎症やアレルギーなどの要因に加えて、遺伝的要因や、ストレスが原因になっていることが多いと言われています。

下痢が起こるのではないのではと言う不安から腹痛が起こり、腹部の不安定な状態が続いたり、繰り返されたりします。


下痢を伴う腹痛の場合の治療法は

いづれの場合もまずは症状をしっかりと把握し、下痢と腹痛に加えて他には症状は無いかを観察します。

おむつをしている子どもの場合は、便の付いたおむつを持参する子ことで、症状が速やかに判明しやすくなるでしょう。

また、感染力の強い下痢もあるので、汚染されないように手洗いや症同区を徹底し、痛みや下痢が更に続くようであれば、速やかにかかりつけ医や胃腸科、消化器科の専門医院を受診しましょう。


まとめ

子どもの腹痛と下痢について
急性の下痢の場合
持続性の下痢の場合
下痢を伴う腹痛の場合の治療法は

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存