急に腰痛が!スポーツで腰椎分離症!安静の期間は厳守です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

急に腰痛が!スポーツで腰椎分離症!安静の期間は厳守です

runner

スポーツ に励み、頑張っている子供たちが腰の痛みを訴えている…そんな時は 分離症 かもしれません。

分離症は生まれつきの場合もありますが、激しい運動などを繰り返しすることで、椎骨が疲労骨折をおこすことが原因と考えられています。

痛い時は安静にすることが分離症の治療の第一歩ですが、なかなか守られないのが現実です。分離症が悪化すれば 安静の期間 が長くなります。

どんなスポーツが分離症になりやすく、再発や悪化を防ぐにはどんなことをすれば良いのでしょうか。


分離症の原因

分離症は、脊椎を構成している椎骨の背中側、棘突起と言われる突起部分が、割れたり折れたりすることで堆体が不安定になり、周りの靭帯や筋肉に負担がかかり痛んだりするという症状です。

突起部分が割れたり折れたりするのは、瞬間的に背中をそらしたり、体をねじったりするなどの動きを繰り返しすることで脊椎に負担がかかり、疲労骨折をおこすことが原因だと考えられており、最も骨盤に近い第5腰椎に多く見られます。


腰椎分離症の危険性があるスポーツは

瞬間的に背中をそらしたり、体をねじる動きはいろいろなスポーツに見られます。バレーボールのスパイク、サッカーのキック、野球のバッティングやピッチングもそうです。

また、成長期で骨の形成が完成されていないため、年齢としては中学生に発症することが多いという数字もあります。

大人になって腰痛があり、分離症が認められた人の中には、十代のころに背中をそらしたりねじるようなスポーツをしていたという人も多いようです。

かといって、それらのスポーツに日々頑張っている人がみな分離症になるかというと、そうではありません。

腰に負担がかからないように、普段から姿勢に注意したり、柔軟性を保つなどの努力で予防することも可能です。


腰椎分離症の症状

腰椎分離症による腰の痛みは、椎間板ヘルニアのように急激な痛みではありません。

慢性的な痛みで、鈍痛といってよいでしょう。

痛みの特徴は、腰をそらした時に痛みを感じるということで、日常生活に支障をきたすような痛みではない場合が多く、放っておいてしまいがち。

気づかないままの場合もあります。

しかも、何もしないでも痛みが治まる時期が来るため、治療せずにスポーツをし続けてしまうこともあります。

そうなると腰椎の突起部分が完全に折れてしまい、すべり症と言って腰椎がずれてしまうこともあるので、早めに治療を開始した方が良いのです。

早い時期であれば、安静にし、完全にスポーツを中止することで、骨がつくことも可能ですが、悪化すれば、安静にしても骨がつかず、すべり症をおこして足にしびれが出るなどの症状が残ってしまうこともあるのです。


腰椎分離症の治療の方法と問題点

腰椎分離症を発症しているのであれば、まずスポーツを中止し、安静にすることが治療の第一歩です。

保存療法と言いますが、コルセットなどをつけ、スポーツを中止し、疲労骨折した部分がつくのを待ちます。

さらにリハビリとして正しい姿勢を身につけ、コルセットの代わりになるように腹筋や背筋などの筋肉をつけることも治療の一環です。

安静にするのは3ヶ月ほどの期間が必要ですが、なかなかその期間が守られない、守ろうとしないというのが現状です。

日常生活を送れないほどの痛みではない事、休むことでレギュラーになれないなどの不安、試合が近いので痛みをおしても出たいなど、スポーツに励んでいる子供たちの思いもあるでしょう。

それだけではなく、指導者や親など、周りの大人たちの無理解もあると思います。

痛い時は休む、これは基本中の基本です。

今、無理に活躍させるよりも、先を見据えた判断をお願いしたいと思うのです。

腰痛をおして頑張っている子供たちに、安静の必要性や、リハビリの重要性などを教えてあげてほしいと思います。


まとめ

急に腰痛が!スポーツで腰椎分離症!安静の期間は厳守です
分離症の原因
腰椎分離症の危険性があるスポーツは
腰椎分離症の症状
腰椎分離症の治療の方法と問題点

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存