子供が膀胱炎?気になる症状は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

頻尿と排尿時の痛み、これらは 膀胱炎 の特徴的な症状です。

膀胱炎は、症状が軽ければ自然に治ることもありますが、明らかに頻尿・排尿時の痛みが見られ、さらに血尿、発熱、腹痛、腰痛などの症状がある時は、治療が必要です。

乳幼児から大人まで、膀胱炎はどの年代でも発症します。

そのうち自然に良くなると我慢していては、膀胱炎が悪化して腎盂腎炎をおこすかも。

気になる時は、病院で検査してもらうようにした方がいいのでは?


膀胱炎になる仕組み

おしっこをがまんしていると膀胱炎になる。

そんなことを言われたり言ったりしたことはありませんか?

どうしてそのように言われるのか、膀胱炎になる原因を探ってみると、よく分かります。

膀胱炎は、外部から膀胱に細菌が入ってしまうことで発症します。

原因となる菌は、大腸菌、ブドウ球菌などですが、ほとんどが大腸菌です。

排便の際に肛門付近に残った大腸菌が、尿道から膀胱に入り込んで炎症をおこします。

通常は排尿することで、細菌が膀胱に入り込んでも洗い流されて、炎症をおこすまでには至りません。

ところが、おしっこをがまんしていると膀胱に菌がとどまり、膀胱炎を発症する危険性が増すのです。

そのため、おしっこをがまんしないようにする必要があるのです。

また、幼児や女性は尿道が短く、女性については肛門と尿道が近いこともあって、細菌が入りやすく、膀胱炎になりやすいと考えられます

女の子が自分で排便が出来るようになったら、細菌が尿道に入り込まないように、お尻の拭き方を教えてあげる必要があります。

前(肛門側)から後ろに優しくふいて、ごしごしこすらないように教えてあげて下さい。


子供の膀胱炎、気になる症状は

膀胱炎の代表的な症状は、排尿の回数が多いこと、排尿の際に痛みを感じるということですが、赤ちゃんの場合はぐずったり、機嫌が悪い、おしっこをする時に痛みで泣くということもあります。

熱が出ることもありますが、赤ちゃんの場合、膀胱炎に気づきにくいので、赤ちゃんのちょっとした変化をとらえるよう、注意することが必要です。

幼児の場合、お腹の痛み、排尿時の痛みを訴えたり、トイレトレーニングが終わっているのにパンツをぬらすなどの症状があらわれたりします。

尿が臭ったり血が混じることもあります。

小学生以上になると、トイレが近い(頻尿)、排尿時に強い痛みがある、血尿が出るなどの症状があらわれます。

おしっこをしても全部出し切っていない感じ(残尿感)がすることもあります。

発熱を伴う時もありますが、高熱の場合は、膀胱炎が悪化して腎盂腎炎を発症している可能性もあります。


繰り返す膀胱炎、膀胱炎を予防する

膀胱炎は繰り返し発症しやすい病気です。

普段から膀胱炎にならないように気をつけるようにしましょう。

赤ちゃんが繰り返し膀胱炎になる時は、外陰部に便が残っているのかもしれません。

むつ交換のときには注意して見てあげて下さい。1人でトイレに行けるようになったら、おしっこをがまんしすぎないようにする、女の子の場合は、排便のときにはお尻の拭き方を注お意し、ふき方を教えてあげるようにすることも必要です。

また、適度に水分をとり、排尿を促すようにしたり、外陰部を清潔に保つよう心がけるようにします。

中学・高校の女子は、膀胱炎の症状がみられた時、恥ずかしくて親にも言えず、我慢してしまいがちです。

膀胱炎は、悪化すると腎盂腎炎、さらには腎機能が低下し、腎不全となってしまうこともあります。

そうなると、最悪の場合透析が必要になってしまいます。

膀胱炎は我慢せずに、早めにきちんと治すようにすることが大切です。


頻尿は膀胱炎の症状、でも…

膀胱炎の特徴の一つ、頻尿の症状があらわれているのに、検査では異常がない、その場合は心因性頻尿かもしれません。

緊張したりストレスによって頻尿になることもあり、周りがあまり気にかけると、ますます本人が緊張して頻尿になってしまいます。

そんな時は、あまり気にかけず、普段通りの生活をするようにしてあげましょう。

それでも良くならない時は、医療機関に相談してみましょう。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存