生活習慣の見直しから始める便秘解消法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

benpikaisyouhou

子どもの便秘で悩んでいるお母さんは多いのではないでしょうか? 

浣腸やマッサージなどさまざまな 便秘解消法 がありますが、今回は健康的な「うんちの作り方」をテーマに生活習慣や食事から考える便秘解消法を紹介したいと思います。


健康的なうんちって?

まずは子どものうんちを観察してみてください。健康的なうんちは、皮をむいたバナナのような細さをしていて、表面はなめらか、色は茶褐色が理想的です。

排泄回数や量は、個人差が大きくまちまちですが一般的には3日以上排泄がないときには、便秘とされています。

また、毎日排泄があったとしても、うんちの表面がゴツゴツしていたり、コロコロとうさぎのようなうんちの時には、便秘傾向にあるので対策が必要です。



善玉菌を増やして、理想のうんちを作ろう!

うんちの製造工場となる大腸には、腸内細菌と呼ばれる菌が生息しています。この腸内細菌の質こそが理想的なうんちを作り出す重要なポイントになります。

細菌には、善玉菌と悪玉菌があり、このうちの善玉菌が優位な状態だと、腸内環境はすこぶる良好となり、健康的なうんちを作り、排泄を促します。

悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌が優位な腸内環境を維持するには、排泄のリズムを作ることが大事です。

「便秘なのにリズムもなにも…」と諦めないでください。

便意をきちんと感じて排泄する、というサイクルを作ることが最終的な目標なのです。ですから、まずは排便習慣を身体につけることが大事です。難しいことはありません。「トイレに行って座る」時間をある程度決めてあげるのです。

加えて、食事や睡眠、運動の時間など、生活に規則正しいリズムを与えることで、自律神経が安定し、排泄機能も良好になります。

はじめから、出なくてもかまいません。「痛くてうんちが怖い」なら座っただけでも褒めてあげてください。

排便行為がストレスになって、便秘に輪をかけている場合もあります。まずは心の悪玉菌を追い出す、正しい生活習慣から始めてみましょう。


水分は大事なうんちの材料です

次に、大切なのはうんちの質をあげることです。そもそも、うんちは約75~80%の水分と、残りは固形物(バクテリアの死がいや消化されなかった食物繊維、脂質など)で構成されています。多くを占めている水分は、うんちにとって重要な要素です。

子どもは、大人と比べて運動量が多い上に、汗腺活動も活発なので汗をかきやすいものです。

そうなると、体内の水分量が減り、うんちに必要な水分も減りがちになります。

便秘気味の子どもは、意識的に水分を補給させる事が大事です。最近では、味のない「水」をたくさん飲む事が苦手な子どももいます。

そういう場合は、「水がおいしいと感じるタイミング」、例えば運動後や入浴後、寝起きなど水分を欲しやすい時に与えましょう。

また、与えるのが難しい時には、お茶で代用したり、食事に必ずスープを付け加えるなどして、生活の中で水分を補給できるようにする工夫も大切です。

便秘解消法の第一歩として「水分補給の増量」にトライしましょう。



良いうんちのモトを摂ろう

うんちの材料としてよく知られているのが「食物繊維」です。

ただやみくもに、たくさん摂ればよいというものでもありません。

うんちは毎日のことです。適量をスタンダードに摂取することが重要です。

食物繊維を多く含む食品として、ごぼうやにんじん、レンコンなど根菜を思い浮かべがちですが、他にも手軽で取りやすい食品はあります。

例えば、納豆や枝豆、小豆といった豆類は食物繊維を多くふくみますし、大豆からできているきな粉やおからなども豊富です。

バナナやりんごなどの果物も有効ですので、間食やデザートに果物を利用するのも手です。

また、うんちの質に大きく関わるのが、先に述べた「善玉菌」です。

この善玉菌のエサである「オリゴ糖」を与えることでパワーアップし、うんちの質はグッと上がります。

「オリゴ糖」だけでも市販されていますし、最近では含有食品も多く出回っているので、食事に摂り入れてみるのもいいでしょう。

ちなみに、便秘知らずの我が家の子どもたちは、きな粉おにぎりが大好物です。おにぎりにきな粉と砂糖を混ぜたものをまぶすだけ! 

時間がないときの朝ごはんにも大活躍しますよ。

便秘に悩むお子さんをお持ちのお母さん、おやつのレシピに試してみてはいかがでしょうか。



まとめ

生活習慣の見直しから始める便秘解消法!
健康的なうんちって?
善玉菌を増やして、理想のうんちを作ろう!
水分は大事なうんちの材料です
良いうんちのモトを摂ろう

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存