ベビーカーで移動する時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

bebiikaa-idou-tyuuitenn

小さな子供と出かける時、ベビーカーはとても便利です。

快適に過ごす為にも、周りへの迷惑を最小限におさえマナーを守って使用しましょう。

また安全を最優先に考えましょう。

移動含め使用時に気をつけることは色々あります。

特に通院で使用する際には時間なども自由には出来ません。

公共交通機関のバスや電車に混んでいても乗らなければならない時は特に注意が必要です。


お店の中で

買い物する時、乳幼児と一緒ならベビーカーやベビーカートがあると便利ですね。

とても便利ですが、大きいものです。通路の真ん中に「ドーン」と置いてあると他人が通れません。普通のカートでもこれは同じですね。ベビーカーやベビーカートは小さな子供が乗っているので手を出したり、足を出したりして思っている以上に幅をとります。

とは言っても、通路を開けようと棚に近づけ過ぎは禁物です。子供が動いた拍子に商品を落としたり、つかんでしまったり、時には取った商品にかぶりついている子もみかけます。

商品は買うまではお店のものです。停める時は商品棚に子供の手が届かない場所にしましょう。また、子供が手に取ったものは元の場所に戻しましょう。そして、もし[かぶりついてしまったら…]責任を持ってお店に謝罪した上で購入しましょう。

気をつけてもミスはあります。非を認め行動できる親は子供のお手本になります。


バスに乗る

畳んで乗る

バスに乗る際、畳む事を求められる事が多いです。

畳めるなら畳む方がいいかもしれません。畳む時は必ず抱っこ紐が必要になります。ベビーカー下部の荷物入れに積んで置くか身につけておくといいでしょう。

そのまま乗る

小さな兄や姉がいたり、子供自身や親に病気や障害があり、ベビーカーから子供を下ろせない事もあります。

その場合、ベビーカーを畳まずに乗る事になります。

まず、乗れるバスと乗れないバスがあります。車椅子マークが付いているバスはそのまま乗る事ができます。乗れないバスは見送るしかありません。

通院時であれば、病院の予約は乗れるバスの到着時刻を考えて決めましょう。

初回で時間の把握ができない時、どうしても時間が合わない時は親やご主人に仕事の希望休みをとってもらい車で行くか、ベビーカーや車椅子がそのまま乗れる介護タクシーを使わなければなりません。

バスに乗る時はベビーカーを持ち上げて乗せます。

床の低いタイプのバスなら乗せやすいです。市によっては床をとても低くしたバリアフリーのバスが走っていることもあります。このタイプは段差を越えるように前方を上げる事で持ち上げなくても乗る事ができます。

車椅子マークがあってもステップのあるバスは一人で乗せるには危険です。乗客や運転手さんなどに協力を仰ぎましょう。

車内では優先席付近にベビーカーを止めます。運転手さんが椅子を畳んでくれる事もあります。ベビーカーを止めたら、必ずストッパーをして手でおさえていましょう。

ストッパーをかけないのは、ベビーカーが動いて危険です。

ストッパーをしていないベビーカーが通路を高速移動してきた事があります。とても危険ですので、必ずストッパーをかけましょう。

また、手を離した状態でバスが発進、停車した場合、ベビーカーが倒れる恐れがあります。必ず手を添えて支えておきましょう。怪我をしては大変です。

バスを降りる時は必要に応じて後ろから降りる事も可能です。支払い時に運転手さんに伝えましょう。

バスに乗った時に行き先を聞かれることがあります。

降りやすい位置に停車してくれたり、手伝ってくれたりするためです。

また、後ろから降りられるように、バス停にいる乗客に乗車を待つよう案内をするためです。

運転手さんにより、協力はさまざまですが、降車場所を聞かれ時は答えておくといいでしょう。

住む地域により、また路線によっては待ち時間がとても長くなります。寒さ対策や日射対策などをしておきましょう。水分やミルク、食べ物等、用意しておく事をお薦めします。

10分おきに来るバス停で2時間待ちする事もよくあります。

上の子がいる場合、帰宅時間に間に合わない事も出てきます。延長保育や学童、託児所、ファミリーサポートなど、事前に対策しておく必要があります。


電車に乗る

JRと私鉄がありますが、どちらもそのまま乗る事ができます。

乗車駅、降車駅はエレベーターやスロープのある駅を選ぶと良いです。

どちらも無い時はホームに行くまでに人手が必要です。駅員さんに声をかけましょう。

駅員さんのところまでに階段があるとそこまで行けなくて諦めることも出てきます。

少し遠くなってもエレベーターやスロープのある駅を選ぶ理由は人手を借りずに移動出来る利点があるからです。

子供を抱っこしてベビーカーを畳んで動ける方はこのような制約はありませんから、使いやすい駅で、臨機応変に対応して下さい。

ホームには傾斜があります。ですから、ベビーカーは必ずホームと平行にして待ちましょう。

  •        車椅子マークやベビーカーマークのある車両を選んで乗りましょう。
  •        車内では必ずストッパーをかけましょう。
  •        ベビーカーは必ず支えておきましょう。
  •        長時間乗車する時はミルクや麦茶、せんべいなど用意しておきましょう。
  •        人に当たらないよう、また、潰されないように注意を払いましょう。
  •        靴は脱がせたり、靴カバーをつけたりして他人の衣服を汚さないようにしましょう。

常にベビーカーの子供

ベビーカーに乗ったままでしか移動のできない子供たちにはどうしても制約があります。

電車もバスも無理矢理乗る事は出来ません。使える駅を把握し、また、乗れるバスが来るまで待つことになります。

ベビーカーに乗せている子供、自分、他兄妹に起こりうる事を考え事前の準備をしっかりしましょう。

全体的にベビーカーのまま移動する事に重点を置きました。

お出かけならば混まない時間なども考慮するといいでしょう。

通院であれば、時間も決まってますので、混雑している中であっても乗らなければなりません。

どんなに気をつけて乗っても、混んでいる車内では迷惑に思われます。

「畳めないのか。」

「畳むのを手伝おうか」

中には

「邪魔だ、降りろ」

など色々と言われることもあります。

もし、そのような事を言われた時はー

通院である事、子供に病気もしくは障害がある事、医師の指示である事など、混んでいてもそのまま乗らなければならない理由は控えめに、でもしっかりと伝えましょう。

常識が無いと腹をたてる人も、そうせざるを得ない理由を知れば納得してくれる事が多いです。


今回のまとめ

ベビーカーで移動する時の注意点
お店の中で
バスに乗る
電車に乗る
常にベビーカーの子供

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存