「バファリン」「ロキソニン」に要警告! アスピリン喘息

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

「バファリン」「ロキソニン」に要警告!アスピリン喘息

asupirinnzennsoku

鎮痛剤や解熱剤として市販薬として購入する事も可能な、有名な薬「バファリン」や「ロキソニン」。

実はこれらの薬、人によってはアレルゲン(アレルギーの原因物質)となり、ある重篤な疾病を罹患させてしまう可能性があるのです。

その病名はアスピリン喘息と言います。

本記事では、この「アスピリン喘息」について、紹介していこうと思います。


アスピリン喘息とはどのような病気なのか

アスピリン喘息とは、簡単に申しますと“解熱剤・鎮痛剤を使用する事によって引き起こされた、アレルギー性の喘息”の事です。

喘息ですから、もちろん「喘鳴(「ゼーゼー」「ヒーヒー」という呼気音)」症状が顕れます。

アスピリンは正式名称を「アセチルサリチル酸」と言います。(理系の方々は、高校化学でも習いますので耳にされた事があるでしょう。)

このアスピリンは本来、“発熱や炎症を抑えてくれる成分”です。(故に、抗炎症薬や解熱剤、鎮痛剤として利用されるわけです。)

しかしながらこのアスピリン、人によってはアレルゲンとなり、喘息を引き起こしてしまうのです。

一般的な解熱剤や鎮痛剤は“非ステロイド性炎症薬(NSAIDs : Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)”と呼ばれるため、本疾病は別名“NSAIDs過敏喘息”とも呼ばれます。

病名としては、むしろこちらの方が厳密かつ適切でしょう。なぜならば、“本疾病は、アスピリンに限らず全てのNSAIDsによって引き起こされる喘息”だからです。

「アスピリン喘息」という名を聞きますと、「アスピリンだけ避ければいいのか」すなわち「バファリンだけ飲まなければいいのか」と、そう誤解されがちです。実際にはそうではなく、“全ての抗炎症薬・全ての解熱剤・全ての鎮痛剤”が、本疾病のアレルゲンとなるのです。

以下で、代表的なNSAIDsの薬品名を少し紹介しておきます。アスピリン喘息患者の方々は御参考・御注意下さい。

[内服薬]

・バファリン

・ロキソニン

・ボルタレン

・ブルフェン

・モービック

・アセトアミノフェンカロナール

・トラムセット

・ソランタール

・PL顆粒

[外用薬]

・インダシン坐剤

・オルヂス坐剤

・メナミン坐剤

・アドフィード

・ゼポラス

・エパテック

・モーラス

・ロキソニンパップ

・イドメシンコーワゲル

・フェルデン軟膏

・バキソ軟膏

どうでしょうか? 御存知の薬も結構あるのではないでしょうか。

ちなみに、成人の喘息患者の約10人に1人は、この「アスピリン喘息」であると言われています。

本疾病の患者がNSAIDsを摂取してしまった場合、約10分~2時間程で激しい呼吸困難や発作を生じ、時には死亡してしまう事もある、怖ろしい病なのです。

(※補足)

NSAIDs以外にも、一部の「食品・食品添加物・防腐剤」等によって、アスピリン喘息が引き起こされる事があります。

・トマト

・かんきつ類

・イチゴ

・キュウリ

・お茶 (紅茶や緑茶)

・サリチル酸化合物

・パラベン

・タートラジン

・安息香酸ナトリウム

等には充分ご注意下さい。


「アスピリン喘息」の原因

「NSAIDsによるアレルギーである」事は分かっていますが、その詳しい発症メカニズムは、実は、まだよく分かっていません。


「アスピリン喘息」の診断方法・検査方法

アスピリン喘息の診断では、詳細な検査が重要です。

「NSAIDsによって」喘息発作が起こったのだという事を確実に突きとめなければいけません。

診断・検査の手段として代表的なものに、“NSAIDsによる負荷試験“があります。

これは、“適正量のNSAIDsを患者に吸入あるいは内服させて、症状が発現するか否かを診る試験(検査)”です。


「アスピリン喘息」の主な症状

本疾病の二大症状は

・喘息発作 (および、それに伴う呼吸困難)

・鼻茸 (および、それに伴う鼻づまりや嗅覚障害、副鼻腔炎)

です。

「鼻茸」とは、“鼻の内部の粘膜が腫れる事によって、鼻の奥にキノコのような丸いものが生じ、鼻の穴を塞いでしまう症状”です。(このため、鼻づまりや嗅覚障害、炎症が生じるのです。)

鼻茸は鏡で確認出来る事もあります。

その他にも、

・腹痛

・吐き気

・顔面の紅潮

・充血

などの症状が出る事もあります。

重篤な場合は意識不明に陥ったり、死に至る事もあります。


主な治療方法

何かのアレルギーを持つ体質の方が、一生アレルギー持ちであるのと同様に、基本的には、本疾病が完治する事はありません。(一生続く病です。)

しかし、症状を抑える治療はあります。代表的な治療方法として、

・ステロイド薬

・鼻茸除去の外科手術

が挙げられます。

軽度の場合は点鼻薬を投与し、重度の場合は、薬の全身投与が行われます。

また、鼻の治療だけでなく喘息発作のコントロールも必要ですから、定期的な内科への通院治療が必要です。


まとめ

「バファリン」「ロキソニン」に要警告! アスピリン喘息
アスピリン喘息とはどのような病気なのか
「アスピリン喘息」の原因
「アスピリン喘息」の診断方法・検査方法
「アスピリン喘息」の主な症状
主な治療方法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存