足首の捻挫の応急処置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

足首の捻挫について

run

足首 や足の甲を何かの拍子でくじいてしまった。

それ自体は時々起こりうることですね。特に子供の場合、いきなり走り出したり、高いところから飛び降りてみたり、追いかけっこ、鬼ごっこ大好きですから。

けれど 捻挫 の場所によってその症状の心配度合いが大きく変わってくるのです。

家で静かにしていれば治ってしまう捻挫から、サポーターをしなければいけなかったり、ひどい時はギブスまでしないといけない場合も。

たかが捻挫されど捻挫。捻挫について調べてみました。


捻挫とは

捻挫とは運動したり、走ったり、階段の段差などで、足の関節を内側にひねってしまうことで、足関節の外側にある靭帯が損傷して起こります。

足の関節はその構造上、外側より内側に大きく動くために、怪我をする場合も足首を内側にひねった時に起こることが多いのです。

つま先が下を向いた状態で足首を内側にひねる、すると土踏まずの内側が上を向くような状態になってしまい、これにより足首の外側が伸ばされて損傷することが捻挫の原因です。

捻挫をすると外くるぶしの前や下のっ分に痛みがあり、腫れを伴います。

捻挫をしてしばらくすると外くるぶしの前や下を抑えると痛みがあります。

足首の捻挫の大部分は足首を内側にひねることで起きますが、足首外側にひねって起きる捻挫は、激しいスポーツや交通事故などが考えられ、骨折をともなうこともあります。

この場合はすぐにも病院を受診してください。


RICE法での応急処置

足首を内側にひねる捻挫の場合は、比較的軽症で済むことも多いため、RICE法と呼ばれる捻挫の際の応急処置方法を覚えておきましょう。

この応急処置をしても痛みが増したり、腫れがひどい場合は、速やかに病院を受診してください。

・Rest(休ませる)

無理に動かしたり、立ち上がって体重をかけたりすると症状が悪化することがあるので、安静にできる場所に移動するようにしましょう。

・Ice(冷たいもので冷やす)

捻挫した足首を冷やして、痛みや内出血、炎症を抑えます。

ZAMST(ザムスト) アイスバッグ 378111 ピンク Sサイズ

ビニール袋の中に氷を入れたものや保冷剤を、タオルなどで包んで患部に当しばらくおくと良いでしょう。

・Compression(動かさないようにする)

出血や腫れを防ぐために、テーピングや包帯で足首を圧迫します。

足首の捻挫の場合、パッドなど何か硬いものを患部に当ててから巻いても良いでしょう。

こちらから↓購入できます。


アルミ合金とウレタンフォームなので軽い上、持ち運びに便利なロールタイプです。100mm×90cmもありハサミで簡単にカットできるので、使用部位に合わせて調節できます。
ただし、強く圧迫してしまうと血流悪化や神経圧迫の恐れがあるので、足指足の指の先が青く変色していないかをチェックしましょう。

・Elevation(高く上げる)

横になり、心臓よりも高い位置に患部を上げましょう。

こうすることで、内出血を防ぐことができ、痛みも和らぎます。

クッション、タオルや枕、外に居る場合には足を乗せることのできる台などを利用しましょう。

捻挫は応急処置が肝心です。応急処置が遅れてしまうと治療が長引いてしまうこともあるので、捻挫したらすぐ「休ませる、冷やす、動かさないようにする、高く上げる」の4つのステップで処置を開始しましょう。

なお、RICEの処置法を覚えておくと、突き指の時などにも役に立ちますよ。

捻挫当日は、温まることで血流が良くなり腫れることがないよう、浴槽に入る入浴は控えてシャワー程度にし、血行促進しないように注意しましょう。

また、患部をなるべく動かさないようにサポーターやテーピング、装具、ギブスでの固定しておくのが必要です。処置での痛みや腫れのケアと共に、患部を保護ておきましょう。

ZAMST(ザムスト) IW-1アイシングセット 肘・膝・足首用 378301


捻挫をくりかえさないために

足首をひねることで起こる捻挫なので、足首の関節の軟らかさも重要です。

子どもと一緒にパパママもぜひ足首を回したり、足のストレッチなどは普段から心がけておくと良いですね。


まとめ

足首の捻挫の応急処置
捻挫とは
RICE法での応急処置
捻挫をくりかえさないために

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存