もうあせもは怖くない!上手に対策をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

asemo-taisaku

あせも は、その名の通り汗が原因で起こる湿疹です。汗を上手に取り除いてあげてしっかり 対策 をしてあげましょう。

子供が快適な生活を送れるようにあせもについて知っておきましょう。


あせもはなぜできる?

汗をかくということは、身体の中の体温を調節する過程で起こる現象です。

ですから、『汗をかかなくする』ということはできません。

汗をかくこと自体は怖いことではありませんが、問題は汗をかいた後に起こるのです。

汗をかいたまま放置したりすると、皮膚の表面にある汗の通り道が汗で栓をされて老廃物が溜まり、あせもが発生します。

汗をよく吸い取る綿の下着などを着せてあげてこまめに交換してあげる、汗をかいたらすぐにふき取る、シャワー・入浴等できれいにしてあげる、というのが代表的な予防法になります。

あせもは、先に説明した通り、汗が原因で起こるトラブルなのでそんなに心配した病気ではありませんが、問題は、子供の皮膚にトラブルを発見した時に、あせもなのかそれとも別の皮膚トラブルなのか非常にわかりにくいことにあります。

蕁麻疹や水疱瘡、とびひなど、お医者さんが見れば一目で判断できるものも、普通の人は見た目だけでは全く区別がつきません。

区別がつけられないということは、それだけ治療のタイミングや受診が遅れて重症化してしまう危険性があるということです。

ちょっとした皮膚の赤みやポツポツ赤い発疹だけで子供を病院に連れていくというのは躊躇ってしまうこともあるでしょうが、手頃な塗り薬等で済まそうとせず、きちんと皮膚科の先生に診てもらって正しい治療を受けてくださいね。


痒くて掻いてしまう時はどうする?

心配した病気ではないあせもですが、痒みは子供にとっても不快でつらい症状です。

痒みがあると、子供は痒みから逃れるために必死で掻きます。

皮膚が破けて水が出てきたり血が出てきても、痒くなくなるまで掻き壊します。

こうなると、ただの汗の通り道が詰まっただけのトラブルではなくなり、破けた皮膚からバイ菌に感染したりという別のトラブルに発展してしまいます。

血が出るまで掻き続ける我が子を目にすると、何とか痒みを止めてあげられないかと思いますよね。

虫刺されの時の痒み止めを使おうか、救急箱の塗り薬を使ってみようか悩む方もいるかもしれません。

掻いて赤くなってしまった皮膚は、薬を塗る前にまず皮膚表面の熱を下げてあげると痒みが和らぐと言われています。

最近では、貼った部分を長時間冷やすことができるシート状の物が売られていて、動く子供に使用する時には本当に便利です。

でも、このシートの接着面にあるゲル状の部分には、エタノールというアルコールに似た成分が含まれていたりするので、貼ることで刺激になってしまうことがあります。

小さな保冷剤等をバンダナで固定してあげると、その部分を掻けなくなりますし、冷やされて熱も下がって非常に有効です。

また、子供さんの爪を短くきれいにしておいてあげるのも大切です。長くて垢やゴミが入り込んだ爪で掻き壊したら、すぐにバイキンに感染します。


プールや海水浴は大丈夫?

あせもは圧倒的に夏場に多く発生しますが、冬の暖房の効きすぎた室内等でも起こることはあります。

子供は熱生産が活発なので、ちょっと動いたり遊んだりしただけでも汗をかきやすいですよね。

ですから、1年中あせもの発生する危険性が高いということになります。

汗を取り除く手段として入浴やシャワー浴があると先に説明しましたが、プールに入ることや海水浴はどうなのかと考えてしまいます。

同じ身体に水をかける(浴びる)という点では入浴やシャワー浴と同じですが、問題は身体に浴びる水の成分です。プールの水は、ほとんどが大勢の人が利用する観点から塩素という消毒剤を投入して衛生面の管理を行っていますので、普通のお水ではありません。

あせもで赤くなった皮膚にはかなりの刺激になりますし、いくら消毒した水とは言っても、雑菌が多い水はバイキン感染の原因になりますから、控えた方が良いでしょう。

海の水も、塩分を多く含む水なので、あせもが発生した皮膚にはピリピリと強い刺激が加わりますし皮膚の傷口から雑菌が進入する可能性もあるので控えたほうが良いようです。

自然の物でも傷口に塩を塗るのと同じでヒリヒリして痛いですよね。

暑い時のプール遊びや海水浴は子供にとって最高の遊びです。

一日も早くきれいに治して、思う存分水遊びを楽しめるようにしてあげたいものです。


今回のまとめ

もうあせもは怖くない!上手に対策をしよう
あせもはなぜできる?
痒くて掻いてしまう時はどうする?
プールや海水浴は大丈夫?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存