痒いあせもの原因に効く薬は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

asemo-kusuri

子どもは新陳代謝が大人よりも活発なのでよく汗をかきます。

そんな子どもに多いのが「あせも」。

遊んでいる最中にも気にしてかいていたりすると心配になりますね。

そんなあせもの原因と治療する 薬 について説明をしていきます。


あせもはの原因と種類

あせもの原因は簡単に言ってしまうと本来は体外に排出されるはずだった汗を体外に出すことができずに、皮膚表面でたまり水ぶくれのようになることにあります。

汗は体温調節などの役割を果たしており夏場は温度によって人間の身体も熱くなります。人の身体はだいたい37℃前後に保たれることで臓器や筋肉も含めて正常に働くようになっています。

気温の変化によってその温度を超えてしまったり低くなりすぎないように自然と調節をしてくれているのが汗(温度を下げないようにするのは鳥肌や震えです)なのです。

汗は汗管(かんかん)とよばれるものを通って皮膚の汗腺から出ます。その汗管が詰まってしまって汗がたまり周りに流れ込み膨らんでいきます。それによって痒みが起こるなどの症状が表れるようになっています。

<あせもの種類>

あせもの種類は大きく分けて以下の3種類になります。

赤いプツプツがかゆい「紅色汗疹(こうしょくかんしん)

所謂一般的に認知されているあせもがこの種類のもので、中心に赤い色がある小さいツブの様なものが出来ます。このあせもは痒みがあるので、症状が強かったり、広範囲に出る場合には治療も必要になります。

かゆみもないあせも「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」

これは赤みのない透明なプチプチが出来るあせもです。痒みなどの自覚症状がないので気付かないことも多いです。このタイプは皮膚の表面近くにできたあせもで症状もなく、治療の必要もありません。

日本では珍しいとされる「深在性汗疹(しんざいせいかんしん)」

主に亜熱帯地域で多く見られるあせもで、他の2つと違い思い症状がでます。強い痒みやむくみが初期の症状としてあり、症状が悪化してしまうと患部で色素沈着などが起きる場合があります。

このあせもは自然治癒しますが気をつけたいのが熱中症を合併しやすいことです。暑さによって発汗するはずが汗管が詰まりあせもができるということは、体温調節が効かない状態になるということでもあります。熱中症症状と共に強い痒みのあるあせもが出来た時にはすぐに医師に相談をしましょう。


あせもに効く薬

あせもの薬はステロイド系と非ステロイド系の2種類に大分されて、その2種類の中でも幾つかの薬があります。

<ステロイドとは>

ステロイドとは副腎皮質で作られるホルモンの一つです。このステロイドには炎症を抑える働きや、免疫力を抑制する作用があります。

<ステロイド系の治療薬のメリット・デメリット>

ステロイド系の治療薬は患部のアレルギー症状を抑える力がとても強いというメリットがあります。このステロイド系の薬は強さによって区分されており、患部の部位や症状の重さによって医師が慎重に強さを判断しています。

子どもの場合には肌が薄く成分を吸収しやすいために大人よりも弱い薬を使うことが原則です。なので、ご自身があせもで薬を持っているからといって子どもに同じ薬を使ってしまうと効果が強すぎて副作用を引き起こします。

基本的には医師の指示をしっかりと聞いていれば副作用はあまりおきません。副作用としてはステロイドの持つ作用として皮膚の増生を抑えてしまう効果が表れることがあります。この副作用が長く続くと皮膚が薄くなり、毛細血管が浮かび上がって見えてしまうことがあります。

<非ステロイド系のメリット・デメリット>

ステロイドは効果が大きい分、強い薬です。なので肌が弱い子どもや、そうした体質の人には向かない場合があります。そんなステロイドを含まないのが非ステロイド系の薬になります。

炎症を抑える効果やアレルギー症状を抑える力はステロイド系と比べると弱くなりますが、肌の弱い人や子どもにも使えるのが大きなメリットになります。

デメリットとしてあげるならば、長期的な使用によって喘息症状のリスクが高まることです。


あせもの診察はどこにいくべきか

あせもは基本的には身体を清潔に保つようにすることで予防することができます。毎日しっかりとシャワーをしたりお風呂に入り、汗をかいたらしっかりと拭くようにして肌を清潔に保ちましょう。

それでもあせもが出来てしまうことがありますが、赤いプチプチの紅色汗疹や症状の無い水晶様汗疹の場合にはそっとして自然治癒を待ちましょう。掻き毟ってしまったり、痒みがひどい場合や広範囲にみられる場合には医師に相談をしましょう。

その際に注意したいのがあせもと勝手に判断をしてしまわないことです。素人目には単なるあせもに見えても、何かの疾患の症状の一つかもしれません。

基本的には子どもの場合にはかかりつけの小児科にまずは診せます。そして他の疾患でないと判明したら、必要に応じて皮膚科を受診するようにしましょう。


今回のまとめ

痒いあせもの原因に効く薬は?
あせもはの原因と種類
あせもに効く薬
あせもの診察はどこにいくべきか

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存