冬でもできるあせも 発生の原因から予防まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

asemo

たくさん汗をかくと肌にできる あせも。あせもは夏の肌トラブルと考えられがちですが、実は冬でもあせもができることがあります。

暖房と家の密閉度の高さから、家中が暖かかったり、寒いからと子供についつい厚着をさせるなど、冬でも汗をかきやすい状況になっていますから、あせもができやすくなっていると言えます。

あせもができると、かゆくて我慢できずについついかきむしってしまいます。そうするとあせもが悪化したり、別の肌トラブルが起こることもあります。

冬でもちゃんとケアをしてあげる必要がありそうです。


あせもはどうしてできるの?

汗をかいた後に赤くぷつぷつと湿疹ができて、かゆい! あせもは、たくさん汗をかいた後に、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因となって、水ぶくれができたり、炎症を起こすことでかゆくなったりします。

また、通気性の悪い洋服を着たり、湿布や包帯、ギブスなどをつけたことで蒸れてしまい、汗が十分に流れ出すことができなくなることがあります。この場合も、汗が皮膚の中にたまってしまい、あせもができやすくなります。

小さな水ぶくれ状態になったあせもは、かゆみを伴わないのですが、赤いぷつぷつ状態のあせもはかゆみを伴います。

無意識にかきむしってしまうと、とびひなどの他の肌トラブルも引き起こす場合があります。かゆみはなかなか我慢できませんから、早くあせもを解消させてあげたいものです。


あせもは子供だけ?

大人にもあせもができますが、一般的に大人よりも子供の方があせもができやすいといえます。

これは、汗を分泌する汗腺の数は子供と大人とほぼ同じなため、表面積に対しての汗腺の数が密集しており、子供の方がたくさん汗をかきやすいからです。

しかも赤ちゃんに至っては、皮膚の厚さが大人の半分から1/3ほどしかなく未熟なため、炎症も起こしやすく、あせもができやすいのです。

赤ちゃんや小さいお子さんは、汗をかいたから着替えたり、汗をかいた部分を洗って流したりするなど、なかなか自分では出来ないので、周りの大人がケアしてあげる必要があります。



あせもの種類とケアの仕方

あせもには小さな水ぶくれが出来るものと、ぷつぷつと赤い湿疹でかゆみを伴うものとがあります。水ぶくれの方はかゆみがなく、症状も軽くて、気づかないうちにできて、気づかないうちに治ってしまうこともあります。

汗をかいたらシャワーで洗い流したり、きれいなぬれタオルでふき取ることで十分ケアできます

かゆみを伴う赤いぷつぷつ、紅色汗疹は、シャワーで洗うなどのスキンケアをしながら、塗り薬を使ってケアするのが良いでしょう。あせもが悪化したり、かきむしったことでとびひなどになってしまった時は、医療機関を受診し、塗り薬を処方してもらうとよいと思います。市販の薬を使う時はステロイド外用剤を求めることになると思いますが、子供の年齢、症状を伝えて薬剤師に相談のうえ、求めるようにし、使用方法を守るようにして下さい。

あせものケアには、昔から言われている民間療法もあります。ドクダミの葉をお風呂に入れたり、火であぶったドクダミの葉をあせもで化膿したところに貼ると炎症が治まるなどとして昔から利用されてきました。

他に、桃の葉が皮膚病に良いと言われており、昔は桃の葉を乾燥させたものを煎じて、ローションのようにぬるということも行われていました。

海水が良いという民間療法もありますが、かえって悪化するという話もありますので、参考までに。


あせもが出来ないようにするには

あせもは予防が大事です。

大量の汗をかかないようにするというのは難しいことですし、体温を冷やすなど、汗が出るのにも大事な理由があります。

汗をかいたらシャワーなどで流す、清潔なタオルなどをぬらしてこまめに汗をふくなどをすることで予防となります。

赤ちゃんはおむつをあてているためにお尻が蒸れてしまいがちですから、こまめにおむつ交換をしてきれいに拭いてあげることも有効です。

着る物、特に下着は汗を吸ってくれる素材のものを選ぶ、薄着を心がけるなどもあせも予防に効果があります。

汗をかいてもそのままにしないことが、あせも予防の基本です。


今回のまとめ

冬でもできるあせも 発生の原因から予防まで
あせもはどうしてできるの?
あせもは子供だけ?
あせもの種類とケアの仕方
あせもが出来ないようにするには

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存