「かゆい!!」アレルギー性結膜炎にならないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

「かゆい!!」アレルギー性結膜炎にならないために

arerugi-seiketsumakuenn

眠いわけでもないのに、子供が目を擦っている! アレルギー性結膜炎 かもしれません。

どのような場合にアレルギー性結膜炎になってしまうのか。

症状や対策について説明します。


アレルギー性結膜炎のしくみ

アレルギー性結膜炎とは、目の表面に何らかのアレルギー反応を引き起こす物質(アレルゲン)が付着し、結膜(まぶたの裏側と白目を覆っている粘膜)が炎症を起こしてしまう病気です。

つまり、何らかのアレルゲンが目の中に入って引き起こされます。

アレルゲンが体内に入ると私達の身体は体外に排出しようと機能します。

目ですと、涙や目やにによって目の外に排出しようとします。

またアレルギー反応によって痒みや充血といった症状が起こります。


原因となるアレルゲン

アレルギー反応を引き起こす主なアレルゲンとして次のようなものが挙げられます。

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • コンタクトレンズの汚れ

結膜炎に限らず、アレルギー反応が出やすいお子さんは、小児科や皮膚科などの専門医にアレルギーのテストをしてもらうと良いかもしれません。

血液検査で何のアレルギーがあるか知っておくことで対策が取りやすくなります。


どう対策すればいいの?

花粉にアレルギー反応が出ると分かった場合は、何の花粉にアレルギー反応が出るか、ということも知っておきましょう。

スギやヒノキの場合は春、イネやブタクサなどの場合は秋、と花粉によるアレルギーは季節性なので、その季節に絞って対策を取ることができます。

眼科などの専門医に相談すれば、その花粉が飛散する前から抗アレルギー点眼薬を処方してもらえます。

事前に抗アレルギー薬を点眼しておくことで、その花粉の飛散ピーク時の症状が軽減されます。

また、外出時はメガネや帽子を着用することで、少しでも目の中に入る花粉を抑えることができます。

帰宅時は、服に付着した花粉を落としたり、手洗いだけでなく洗顔をすることも有効的な手段です。

ハウスダストが結膜炎を引き起こしている場合は、何よりも家の中をキレイに保つことが重要です。

いつも掃除機だけで掃除を済ませてしまっている場合は、原因となっている埃などが取りきれていないかもしれません。

雑巾がけをして、埃が舞ってしまわないような工夫も必要です。

空気清浄器を置くのも良いでしょう。

コンタクトレンズの汚れが原因となっている場合、お子さんがきちんとコンタクトレンズを使用できているか確認しましょう。

使用期限を過ぎたコンタクトレンズを着用していないか、清潔に保管できているか、手を洗ってからコンタクトレンズを着用しているか、などです。

コンタクトレンズは直接目に触れる物ですが、意外と雑菌などが繁殖しやすい物です。

お子さんが目に違和感を感じていたり、結膜炎の症状が出てしまった場合は、コンタクトレンズの着用は控えるようにしましょう。


治療法と注意点

目の痒み、充血、涙や目やにが多く出る、などの結膜炎の症状が出てしまった場合はすみやかに眼科を受診しましょう。

基本的には、アレルギーの症状を抑えてくれる抗アレルギー点眼薬での治療となるでしょう。

痒みの症状を抑えるために抗ヒスタミン薬が使われることが多いのですが、抗ヒスタミン薬は眠気を引き起こすことがあります。

眠気が気になる場合は眼科医に相談するようにして下さい。

また、症状が酷い場合は点眼の際に痛みを生じることもありますので、お子さんが点眼を嫌がることもあるかもしれません。

でも、処方された通りに点眼しないとなかなか治りませんので、心を鬼にして点眼してあげて下さい。

あまりに嫌がる場合は、仰向けにして目をつむっているときに目頭に垂らすように点眼してあげると、目を開いたときに上手く薬が目の中に入ってくれますよ!

アレルギー性結膜炎は非常に強い目の痒みを引き起こします。

目が痒いと、注意していても無意識のうちに擦ってしまいます。

目を擦ることで治りが遅くなりますので、お子さんが目を擦っているのに気が付いたら優しく注意してあげましょうね。


「かゆい!!」アレルギー性結膜炎にならないために
アレルギー性結膜炎のしくみ
原因となるアレルゲン
どう対策すればいいの?
治療法と注意点

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存