青竹踏みで土踏まずを刺激して、ストレスを撃退しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

青竹踏みで土踏まずを刺激して、ストレスを撃退しよう!

aotake

竹を半分に 切ったものを足で踏んで足の裏を刺激する 青竹踏み は、昔から変わらない健康器具のロングセラーです。

とってもシンプルに「踏む」だけ。

なのになぜこんなにも長く使われているのでしょうか。

またその効能はどのようなものなのでしょうか。


なぜ青竹なの?

青竹踏みに使われる孟宗竹(もうそうちく)は、筍の状態から十数メートルの竹になるまで、たった3か月しかかからず、その後約3年ほどで製品として使えるくらいに成長し、また一度伐採したとしてもまたすぐに新しい竹が伸びてくる環境にも優しい天然の素材なので、この孟宗竹が青竹踏みの原料として使われているのです。

軽くて丈夫で使い込むほどに青竹の色が変わっていくのを見るのも楽しみの一つです。


青竹踏みの正しい踏み方はあるの?

足の裏は、第二の心臓と呼ばれるくらい、細かい血管が集中しており、またたくさんのツボがあります。

青竹を踏んでみて自分が痛いなと感じたところが、体の中で改善が必要な部分です。

特に足裏中央、土踏まずの部分には「湧泉(ゆうせん)」と呼ばれる、元気生命力が湧いてくる万能のツボと言われるものがあります。

この土踏まずの部分がゴリゴリと固くなっていたり、痛みを感じる人は便秘がちだったり、胃腸が疲れていることが考えられます。

ここを青竹踏みで刺激することによって、いろいろな不調が改善すると言われています。

ストレスがたまっているときや、冷え性、肌荒れ、浮腫み、便秘解消にも効果があります。

また、集中力を高めるツボでもあるので、学生の方は勉強に疲れた時に青竹踏みをしてみるのもいいかもしれませんね。

また、かかとの部分にはホルモンバランスを整えてくれる生殖系のツボがあるので、女性の皆さんにはぜひ、土踏まずに加えてかかとの部分も踏むことをお勧めします。

慣れないうちは場所によっては踏むときに痛みが出るところもあるかもしれません。

でも少しずつ続けていくうちに痛みが減り、そのうちに沢山の回数が踏めるようになると不調も減っていくでしょう。


効果的な踏み方や続けることで表れる効用とは?

特にこのタイミングで踏まなければいけないというのはありません。

いつでもどこでも自分の空いている時間にこまめに踏んでみましょう。

ただ、食後すぐは胃腸の血液循環が悪くなり、消化不良が起こる場合があるので避けたほうが良いでしょう。

寝る前に5分ほど青竹踏みを行うと、寝つきが良くなるとも言われています。

毎日短時間でいいので少しずつこまめに踏んでみましょう。

段々慣れてくると足裏が柔らかくなり、足裏の筋肉も柔軟になります。

また青竹のカーブが、ふくらはぎやアキレス腱のストレッチにもなるので、気持ちよく伸びてくるとリンパの流れもよくなり、浮腫みも解消されるでしょう。

また毎日足裏を刺激することによって、足裏の血流も良くなるので、冷え性で悩んでいる人にも効果があります。

偏平足と呼ばれる

「転びやすい」「疲れやす」「足が痛くなりやすい」と言う人にも、毎日青竹を踏むことによって土踏まずがしっかりと使えるようになり、これらの悩みの解消にも役立つでしょう。

青竹踏みの名称でツボの突起の付いたプラスチック製品も販売されていたりしますが、ここはぜひ天然の青竹を踏んでみてください。

竹踏み 京都の天然青竹! 健康「青竹踏み」足踏み竹タケフミ冷え症にふみふみ【日用品】

足に当たる優しい感触と、使い続けていくうちに自分の足になじんでくる感覚は、天然素材ならではのものでしょう。

値段もそんなに高くないので、気軽に購入して使えますよ。

青竹踏みで足の裏のツボを刺激し、リラックス効果を得つつ、不調を感じない体を作るようにしていきましょう。


まとめ

青竹踏みで土踏まずを刺激して、ストレスを撃退しよう!
なぜ青竹なの?
青竹踏みの正しい踏み方はあるの?
効果的な踏み方や続けることで表れる効用とは?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存