赤ちゃんに害の無い蚊の対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

ka-taisaku

フワフワで真っ白な 赤ちゃん のお肌を 蚊 から守ってあげたいと考えた時に取るべき 対策 は何でしょうか?

蚊取り線香や虫よけの置き薬などは、万が一赤ちゃんが口に入れてしまった場合、とんでもない事になりかねません。安心安全で、赤ちゃんを蚊からしっかり守れる対策をご紹介します。


赤ちゃんは蚊に刺されやすい?

蚊は、産卵の為に人間の血を吸います。

蚊が反応するのは、人間から発せられる二酸化炭素・体温・湿度・汗に含まれる揮発性物質などです。その為、体温が高く汗をかきやすい赤ちゃんは絶好のターゲットになりやすいのです。


赤ちゃんが蚊に刺されると?

赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。

蚊は血を吸う時に人間に血が固まりにくくなる物質を含んだ唾液を注入しています。その唾液が人間の体内に入ると、アレルギー反応を示して赤く腫れる原因に。

赤ちゃんはまだこの刺激に慣れていませんから、刺された部分が大人よりも大きく腫れあがってしまったり、アレルギーの誘引となったり、強いかゆみが我慢できずに掻きむしってとびひの原因になってしまう事もあります。


赤ちゃんを蚊から守る対策は、同時に違うトラブルからも赤ちゃんを守ってあげられるという事。次はその対策をご紹介します。

とびひについて保育園に入る前に知っておきたい『とびひ』の事でも書いてあります。


赤ちゃんを蚊から守る!対策

赤ちゃんのお肌は敏感です。できる事なら、外から物理的な対策で守ってあげるのが一番!

<蚊が発生しにくい環境を作る>

蚊の行動範囲は、私たちが思っているよりもずっと狭く、生まれた場所からせいぜい三十メートル程の範囲内だといわれています。

蚊の幼虫であるボウフラは、水中で成長して羽化し、蚊になります。なので、バケツ、じょうろなど、ボウフラが成長できるような水が入っている場合には、溜めておかずにすぐに捨てると良いでしょう。

また、雨が降った後水たまりが乾きにくい凹みや日陰は、箒で水を掃き出して乾きやすくするなどの方法も蚊の発生を大幅に減らせます。

雨の後の晴れの日には、蚊の親が卵を産みやすくなる習性を利用して、水たまりの近くに蚊取り線香を炊いて殺してしまう・卵を産むのを阻止する、という手もあります。

<家の中にいる蚊には蚊帳が効果的!>

蚊がすでに家のなかにいる場合、赤ちゃんの周辺に蚊帳を置くのが効果的です。昔から日本の蚊対策として活躍してきた蚊帳は、今でも無害で便利な蚊対策として使えます。

赤ちゃんが動き回っている時には邪魔になるので、眠っている時に使うのが良いでしょう。ワンタッチで設置ができるものなど簡単に使えるものがあるので、インターネットなどで調べてみるといいですね。こちらの記事もどうぞ。


蚊帳を使う時の注意点は、蚊帳の中に蚊が入っていたら効果が無いどころか外に出られない蚊に余計に刺されてしまいますので、設置する際と出入りの際に蚊を中に入れないようにしてください。

<黒い服を着せない>

蚊は、濃い色により反応します。ですから、水辺に行くときや公園に行くときには、黒や紺などの濃い色の服を着せるのは避けましょう。

<蚊取り線香を使いたい時は>

蚊取り線香には、赤ちゃんを始め人体に影響が出るような有害物質は含まれていません。また、液体タイプの蚊取りマットより扱いやすい点では筆者もオススメです。ただ、使う際には次のような事に注意してくださいね。

  1. 赤ちゃんに煙を直接吸わせない

いくら有害物質を含んでいないといっても、煙には目に染みたり、喉が痛くなったりする刺激があります。赤ちゃんが煙を直接吸い込むような場所で焚かない事は絶対条件です。

  1. 赤ちゃんの手が届く場所に置かない

我が家でもよくあるのですが、赤ちゃんは興味のあるものの所へは猪突猛進。すごいスピードで移動して、いつの間にか触っているなんて事も。

蚊取り線香にはやけどの危険性がありますし、誤飲事故を起こしかねないので、遠くで焚く場合でも、床や赤ちゃんの手の届く場所には置かないようにしましょう。

その他に、蚊が嫌うゼラニウムやハッカのアロマオイルを使って蚊が寄り付きにくくする方法もあります。


それでも赤ちゃんが蚊に刺されてしまったら

かゆみの鎮静化に努めましょう。水に濡らしたタオルで患部にあて、冷やしてあげると幾分かゆみが抑えられます。

赤ちゃんがかゆみから掻きむしってとびひになったり、尋常じゃない程に腫れている場合には、早めに皮膚科へ相談してくださいね。


今回のまとめ

赤ちゃんに害の無い蚊の対策は?
赤ちゃんは蚊に刺されやすい?
赤ちゃんが蚊に刺されると?
赤ちゃんを蚊から守る!対策
それでも赤ちゃんが蚊に刺されてしまったら

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存