赤ちゃんの便秘?大丈夫なことと心配なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

赤ちゃんの便秘?大丈夫なことと心配なこと

akatyann-bennpi

便秘と聞くと、真っ先に大人の女性を思い描く方も多いと思います。

実は、赤ちゃんも便秘 をするのです。

おっぱいやミルクを飲んでいるのに便秘? 固形物を食べているわけでもないのにどうして? と思いますが、実際に何日か排便がなく、何となく不機嫌な赤ちゃんに、便秘ではないのかと心配なお母さん、お父さんもいるのではないでしょうか。


赤ちゃんの初めての排便

赤ちゃんの初めての排便を胎便と言います。

赤ちゃんは、お腹の中にいる時に羊水や腸液を飲みため込んでいますが、出産後、初めての便として排出されるのです。

緑がかった黒っぽい便で、カニババとか蟹くそなどと呼ばれます。

この胎便は非常に大切なもので、出産後、数日中に胎便が出ないと、新生児黄疸になりやすいだけでなく、老廃物が溜まりっぱなしのため、大腸の働きも悪くなり、病気になりやすくなってしまうのです。

緑がかった黒い胎便をしたあとは、徐々に黄色い便をするようになります。

赤ちゃんの便は、色や匂いで赤ちゃんの健康状態を教えてくれる、大事な情報源です。

新米ママ、パパにとってはウンチが出ては喜び、ちょっと色が薄いと心配したりすることも多いでしょう。

そんな新米ママ、パパにとって、赤ちゃんが何日かウンチをしていないようだと、便秘ではないかと心配になってしまいます。


赤ちゃんの便秘とは

大人と同様に、赤ちゃんの場合も便の回数や硬さはその子その子で異なります。

そのため、何日便が出ないから便秘だという線引きをすることはできません。

便が出ていなくても赤ちゃんがご機嫌で過ごしている場合はあまり心配することはないでしょう。

また、そもそもミルクや母乳が足りておらず、出すべき便が少なくて、その結果、何日も便が出ないということも考えられます。

赤ちゃんの発育状況を見て判断しましょう。

特に母乳の場合は、赤ちゃんがどれぐらいの量を飲んでいるのか、足りているのかが分かりにくいのですが、順調に体重が増えていれば心配はいりません。


赤ちゃんが便秘かもしれないとき、どうすればよいか

2,3日ウンチが出なくて、赤ちゃんの機嫌も悪くなく、それほど深刻な便秘で無い時は、お腹を優しくまあるくマッサージをしたり、綿棒やコヨリで肛門を刺激するだけでウンチが出る場合もあります。しかし、繰り返して綿棒・コヨリ浣腸をすると癖になると言います。

あまり浣腸に頼りすぎると、自分で排便する力がつかなかったり、肛門を傷つけてしまう場合もあるので、やりすぎないように注意します。

また、便秘になる原因として水分不足も考えられます。即効性はありませんが、お風呂上がりなどに白湯や麦茶など、刺激のない飲み物を与えることも便秘解消に一役かってくれることでしょう。


医療機関を受診するのはどんな時?

それでもやはり、何日かウンチが出ないようだと心配ですよね。

病院へ連れて行って見てもらった方がいいのか、それとも連れて行く必要はないのか迷ってしまいます。

便秘の心配で病院で診てもらうことは悪いことではありません。

場合によっては浣腸してもらえますし、便秘にならないように生活面のアドバイスも聞くこともできます。

ウンチの出ない日が続いていても、赤ちゃんの機嫌がよくて食欲があるようなら、まずは心配はなく、病院に行く必要はありませんが、赤ちゃんの機嫌が悪く、お腹が張って、ウンチを出そうとしても苦しそうでウンチが出ない、出ても小さくてかたい、1週間以上ウンチが出ていない、食欲がない、嘔吐したり熱を伴うような時は、病院で診てもらった方が良いでしょう。

生まれて間もない頃は、赤ちゃんがウンチをしたといっては親は喜び、ちょっと変な色をしているといっては心配します。

ウンチは赤ちゃんの健康状態を教えてくれる大事な排泄物です。しかし、少し大きくなってくるとウンチは汚いものという意識が強くなり、幼稚園や小学校でウンチができず、家まで我慢をしてしまい、深刻な便秘をおこす子供も少なくないと言います。

ウンチをすることは汚いことでも恥ずかしいことでもないのだということを、家庭や公共の場を通して伝えていくことは大事なことではないでしょうか。


まとめ

赤ちゃんの便秘?大丈夫なことと心配なこと
赤ちゃんの初めての排便
赤ちゃんの便秘とは
赤ちゃんが便秘かもしれないとき、どうすればよいか
医療機関を受診するのはどんな時?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存