ADHD(注意欠陥多動性障がい)3つの特徴を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

adhd-tokutyou

子育ての中でお母さんを始め養育者の方には様々な不安や疑問が出てくるものだと思います。

最近になってTVなどマスメディアでも取り上げられることが多くなった発達障がい。

一口に発達障がいと言っても様々な分類があるのですが、今回は「ADHD」と呼ばれる発達障がいに見られる3つの 特徴 について紹介したいと思います。

そもそも「ADHD」ってなに?

「不注意」、「多動性」、「衝動性」の3つの特徴が強く出る「ADHD」。

「ADHD(注意欠陥多動性障がい)」を持つ人が周囲から表現されやすいものに「落ち着きが無い」、「せわしない」などがあります。

これはこの障がいの特徴であり、診断の際の判断基準ともなる3つの特徴「不注意」、「多動性」、「衝動性」が強く出た為に、周囲に与える印象がそのように見られるためであると考えられます。

ここで注意したいのは、「疲れて注意が散漫になる時がある」、「衝動的に買い物をしてしまう」というようにどなたにも時と場合により起こりうるものではなく、「3つの特徴が日常的にあり、生活や心理的に支障が出る」一時的なものではない状態のことであるということです。


「不注意」に見られる行動は?

「不注意」は「注意力障がい」とも言われることがあるように、一般的に時折感じる不注意(ケアレスミス)とは違います。

この注意力による障がいが元で生活などに支障が出る場合がある場合に「注意力障がい」と判断されます。

少し分かりにくいのですが幼少期にもすでに特徴的な行動が見られることがあるので養育者の方は普段から良く子どもの様子を見てあげたいものです。

「不注意」で支障をきたすのはこんな事例
  • 特定の玩具で遊び続けることが苦手で、色んな玩具を出そうとしたり、目に入るものに気をとられてしまう。

  • 忘れ物が日常的に多く、物を失くしてしまうことにより仕事や友人関係などで問題が起こる。

  • 仕事中や勉強中に集中することができずに違うことが気になってしまったりする。など。
「不注意」がもたらす心の変化

注意力が散漫になると周囲の叱責を受けることが多くなります。

ADHDの症状は幼少期から出るもので、それが理由でお母さんや先生に注意される経験が人よりも多くなりがちです。

本人は自分の意思で注意を散漫にさせているわけでは勿論ありませんよね?

どんなに集中しようとしてもそれが難しく自信が持てない状態にあるのです。

更にそこに周囲から叱責をされたり敬遠されることがあると、周囲にあたってしまったり自分の中に閉じこもってしまうことにも繋がりかねません。


落ち着きがないのは「多動性」が原因?

「多動性」に見られる特徴は、身体をせわしなく動かし続けたり、静かにしなければならない場合でも話しが止まらないなどがあげられます。

子どもの場合には「不注意」の事例にもあげましたが、一つの玩具や遊びに集中することができずにふらふらしている。

小学生になれば学校で座って授業を聞くことが苦手で、授業中に話をしてしまったり、席を立ってしまうなどの特徴的な行動が見られることがあるので発見されやすくなります。

また、言動を自制することが苦手なので話し声が大きくなったり、力加減なども苦手であることが多い為に乱暴と思われてしまうこともあります。


いつも目が離せないのは「衝動性」が原因?

「衝動性」の特徴は自分の気持ちや行動が何よりも優先されてしまい、相手の気持ちなどを考えずに衝動的な言動が見られることです。

順番を守ることは、簡単な(遊び、集団、危機回避に関する)ルールを理解できるようになる3歳頃には自分の意思でもってできるようになっていきます。

ですが「衝動性」が強いと「自分が遊びたい(早くしたい)」という気持ちが先に出てしまい、いくら言っても順番を守ることが難しいこともあります。

また、相手が話している時に途中で口を挟んでしまったり、誰かが遊んでいたり作業をしている時に邪魔をしてしまうことで交友関係に問題が生じることもあるので人間関係の構築に弊害がでることも少なくはありません。


これらの特徴が見られたら

育児の中でこれらの特徴が強く見られるようでしたら、まずは3つの特徴による行動が自分(お母さん)や他の人を困らせたいからではないのだということを改めて理解しましょう。

そして問題行動に対してすぐに叱責するのではなく、望ましい行動ができた時に褒めてあげる、喜ぶことをしてあげてみてください。

怒られることで自信を失い、ストレスによって周りへの問題行動に移ることを未然に防ぐことはとても大事なことです。

そして、子どもがより生活しやすくなるように、専門家に相談することをためらわないでください。専門家のアドバイスのもとでよりお子さんを理解して、よりよい接し方ができるようになると良いですね。


今回のまとめ

ADHD(注意欠陥多動性障がい)3つの特徴を知ろう
そもそも「ADHD」ってなに?
「不注意」に見られる行動は?
落ち着きがないのは「多動性」が原因?
いつも目が離せないのは「衝動性」が原因?
これらの特徴が見られたら

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存