「ADHD」で悩む方の為の上手な「就職」の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

adhd-syuusyoku

ADHD」であるお子さんの、「ADHD」であると分かった社会人の方たちへ上手な 就職 (または転職)の考え方を紹介します。

ADHD」は先天的な脳の神経伝達機能によるものであると考えられており、「不注意」、「多動性」、「衝動性」という3つの特徴が現れやすい(周囲が発見しやすい)のは幼少期です。

しかし大人になってから「ADHD」であることが発覚する例も少なくはありません。

「ADHD」であるお子さんの、「ADHD」であると分かった社会人の方たちへ上手な就職(または転職)の考え方を紹介します。


不得意な事を避けるのは恥ずかしいことではない

これから就職をする「ADHD」の方にまたは転職を考えている方、お子さんの進路を考えている親御さんに言いたいのは「不得意な事を避けるのは恥ずかしいことではない」ということです。

苦手なことを避けるというのは少し抵抗もあるかもしれません。ですが、より良い生活を送り健康的に安心して社会生活を営むためには大事なことです。

「ADHD」の症状は大きく3つあります。「不注意」、「多動性」、「衝動性」です。これらのうちどれか、幾つか(多動性と衝動性は成長に伴って治っていきやすい)の特徴が現れた言動が社会的に受け入れられにくいものである為に問題となることがあります。

それが幼少期にはあまり現れずに、いざ就職してから発覚した場合に「ADHD」であったと大人になってから気づくこともあります。

まずは苦手なことを知る努力を

誰にでも苦手なことはあります。それを克服することはとても大切なことで、努力する必要もあることは間違いありません。

しかし、「ADHD」などの発達障がいの場合には脳の神経伝達物質などが原因となって行動や言葉などに「苦手なこと」が生まれていることがあります。

これらは本人の努力や治療によって負担を軽くすることはできても、克服をすることが難しい場合があります。

これは就職にあたって障害となることもあり得ますし、就職後に負担をかけるリスクを高めることにも繋がります。

そういった就職での失敗を少なくするためにも「苦手なこと」を知っておくことは非常に大切なのです。

「ADHD」の方が仕事上で見られる苦手なことの例
  • 集中力を持続させることが難しくケアレスミスが続く

  • 衝動的に幾つもの仕事を請けてしまい自分の許容量を超えてしまう

  • デスク上や、スケジュールの整理が苦手なので約束事(仕事の期限など)を忘れたり物を失くす

  • 接客において相手のペースに合わせられずについつい自分のペースでばかり話をしてしまう

など


得意なことで自信を持って勝負する

「ADHD」の方の特徴として「活動的で積極性に富む」、「決断が早い」、「興味関心のある分野に対して強い集中力を発揮する」などがあります。

苦手なことを逆説的に言い換えただけに見えるかもしれませんが、実際こうした特徴を存分に発揮することで大成した人物というのも少なくはありません。

ADHDで大成した偉人

ここでは簡単にADHDであると公表している(当時の文献や自伝などからそうであったであろうと考えられる)方の名前と職業を羅列します。

  • トーマス・エジソン      (発明家)
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ   (画家)
  • アルバート・アインシュタイン (物理学者)
  • ウィル・スミス        (俳優)
  • アブリル・ラビーン      (歌手)
  • マイケル・フェルプス     (水泳 金メダリスト)

など

得意なことと興味のあることを見つめると進路は自ずと見えてくる

上記のように「ADHD」の方は「活動的で積極性に富む」、「決断が早い」、「興味関心のある分野に対して強い集中力を発揮する」という強みを持っています。

ではそれを生かしやすい環境はというと本来「注意力が続きにくい」という苦手なことがあるけれど集中力が続く場所。

そう本人の「興味のある分野」こそが得意なことを生かせる場所なのです。


自分と「ADHD」という病気を見つめ直して進路の選択を

「苦手なこと」そして「得意なこと」それらを見つめなおした上で「興味のある分野」へと進むことの大切さが少し理解いただけたことと思います。

就職というのは良くも悪くもその後の人生に大きく影響します。

そんな大きな人生の分岐点で、失敗しないためにも、健康的で安心した未来を手にするためにも「就職」という進路選択は特に慎重になるべきです。

苦手なことを続けることで二次障がいも

「ADHD」の特徴は社会的には受け入れられにくく、また実感もしにくいものが多いです。その為に周囲の理解が得られずミスが重なり、自分に自信がなくなって、「うつ病」や「各種の依存症」などの二次障がいが起こる可能性があります。

そうした更なる困難をご自身に、お子さんに背負わせないためにも「就職」という重要な進路の選択ではしっかりと「ADHD」という障がいを見つめ直すようにしましょう。


今回のまとめ

「ADHD」で悩む方の為の上手な「就職」の考え方
不得意な事を避けるのは恥ずかしいことではない
得意なことで自信を持って勝負する
自分と「ADHD」という病気を見つめ直して進路の選択を

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存