ADHDに見られる症状!!子供と大人では?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

adhd-syoujyou

ADHD」は発症幼少期までに見られるものですが、その程度が低かったりして大人になってから 症状 を自覚することもあります。

成長も周りの環境も自分の立ち位置も異なる。

そんな違いから子どもと大人とでは見られる症状に違いがあります。


ADHDは先天的なもので大人になって突発的になることはない

最近になって大人の「ADHD」という言葉を耳にします。

大人になってからどうしてか人間関係が上手くいかない、仕事で不注意なミスを気をつけていてもしてしまう、そんな自覚症状から病院を訪れ「ADHD」であったことが発覚することがままあります。

この時に誤解しやすいのは大人になって「ADHD」と診断された人も、大人になって急に「ADHD」が発症したのではなく、幼少期よりそれらの症状があり、生活への支障がおよばなかった(もしくはそうと自覚していなかった)のだということです。

大人の「ADHD」の専門家はまだ少ない

もし大人になってから「ADHD」ではないかと思われたら精神神経科が最初の窓口となるので覚えておくと良いでしょう。

そこで「ADHD」の疑いがあれば専門医への紹介をしてもらって治療が始まる形になります。しかし、大人の「ADHD」に精通した専門家はまだ少ないと言われています。

そもそも大人の「ADHD」がここ何年かで認知されたという背景もありますし、薬物治療はもちろん大人の治療の場合には精神療法や環境調整への介入も大きな比重をしめるために、一般的な精神神経科ではケアしきれない部分もあるのだと思われます。


【関連記事】

うつ病の原因とADHD(注意欠陥多動性障害)の関係性は?


子どもの「ADHD」の症状

不注意優位型
  • 忘れ物をすることが多く、物をなくすこともある
  • 集中力が散漫になり、気が散ってしまいやすい
  • 生理整頓が苦手でよく注意を受ける
  • 細かい動作に集中することが苦手なので不器用に思われる
多動性・衝動性優位型
  • じっとしていることが苦手でふらついたり、1つのことに集中しにくい
  • 絶えず身体を動かしている
  • 自制心が効きにくいのでつい大声を出してしまったり、手が出てしまうこともある
  • 乱暴な子どもと思われてしまうこともある
混合型
  • 上記2型の特徴があわせて見られる
  • 不注意・多動性・衝動性の現れ方や度合いには個人差がある
  • 不注意によりルールを破ってしまったり、衝動的に自制心が働かずにルールを守ることが難しいなど社会的生活への支障が見られる


大人の「ADHD」の症状

大人の「ADHD」では成長の過程で衝動性や多動性が自制できるようになり目立たなかったり、生活への支障がない場合があります。

その為に大人の「ADHD」では不注意による症状が特徴的に見られます。

症状
  • 注意力が持続せずに作業を完了することができない
  • 順序だてた作業が苦手で、作業計画などに苦手意識がある
  • 仕事上でも私生活においても約束を忘れてしまいトラブルが起きる
  • 時折、衝動性が表に出て何かしようとそわそわしたり、身体を動かしていなければ気がすまない時がある

症状が見られたらまずは相談を

独りでは悩まない

ご自身にしろお子様にしろ「ADHD」の特徴に見られるような症状が見られた時には、不安に思わずにまずはそうした知識を持った身近な人に相談してみるのが良いでしょう。

お子様であれば学校や保育園など施設の先生や看護師(保険の先生)やかかりつけのお医者さん等が良いでしょう。

大人の方であれば勤務先に常駐であったり、月に何度か訪れるカウンセラーさんがいるかどうかをチェックしてみるのをお勧めします。

カウンセラーさんは職場の雰囲気なども色んな方から聞いたり、見たりして知っています。
その上で専門的な知識をもって相談ができるのでもし職場にいれば心強い相談相手になります。

手を取り合って治療に励みましょう

独りで抱え込まずに相談をしてみて、専門的な治療が必要になった場合には、ここでも独りで治療をしようと思わないことが大事です。

周りの近親者には甘えられることは甘えてしまいましょう。

また、いつでも気にかけてくれる人がいるだけでも治療や、その援助の助けになります

何より社会生活の中での支障があるこの病気だからこそ、専門家と患者と周りの人が手を取り合って治療を行うことが大切なのです。


今回のまとめ

ADHDに見られる症状!!子供と大人では?
ADHDは先天的なもので大人になって突発的になることはない
子どもの「ADHD」の症状
大人の「ADHD」の症状
症状が見られたらまずは相談を

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存