うちの子ってもしかして「ADHD」?不安になった時に診断を受けるのはどこか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

adhd-sindann

日ごろの生活の中で、学校や保育園、幼稚園での様子を聞いて「落ち着きが無い」、「注意力が散漫になっている」、「乱暴な行動が見られる」などと言われてしまい不安になることがあるかもしれません。

ADHD」に見られる「不注意」、「多動性」、「衝動性」の特徴が強く現れているようなら専門科に受信して 診断 を仰ぐ必要が出てくるでしょう。

今回は「ADHD」の診断についてご説明していきます。


診断を受けるのは何科になるの?

「ADHD(注意欠陥多動性障がい)」を含む発達障がいの診断をすることができる専門科医となるのは「小児科」や「児童精神科」になります。

ただしどこの小児科、児童精神科であっても発達障がいについて専門的な知識があるとは言えないこともあり、注意が必要です。

発達がゆっくりな状態と障がいとの区別は医師でも難しい

子どもの場合まだ発達途中である為に注意力がなかったり、衝動的に行動したり、じっとしているのが嫌いだったり、といった特徴は普通に見られるものです。

その特徴が特に顕著であり、発達の個人差によって見られるものとは違いその子の抱える障がいによって引き起こされるものだと判断するのは専門科でも簡単なことではありません。

まずはかかりつけの病院などで相談しよう

発達の個人差による遅れと、発達の障がいを抱える為の遅れとを判断するのはとても難しいこと。

なので、もし自分の子どもに「ADHD」の心配が出てきた時には発達障がいに理解の深い医師また病院を紹介してもらうことが子どもの将来を見越してとても大切になってきます。

子どもの発達に関して一般的に相談できる機関として、日ごろの子どもの様子をよく見てくれている保育園や幼稚園、専門的な知識があり症状にあった病院との橋渡しをしてくれる保健センターや児童相談所、そして子どもの様子を知った上で保護者との情報交換もしている専門科としてかかりつけの医師があげられます。

これらの機関に相談することで発達障がいに関する知識の深い医師や病院を紹介してもらうことができます。


初めての受信では何を用意したらいいの?

上記で紹介した機関などを上手に使って、いざ専門医にかかる時に用意しておいて欲しいものが幾つかあります。それらは診断の基準になる物であり、障がいであるという判断を左右するかもしれない大切なものです。

受信に用意したい物リスト
  • 子どもの日ごろの様子がわかるメモ書きや育児日誌
  • 保育園や幼稚園などの連絡帳、成長や日々の行動に関する記録
  • 小学校の通知表や、日ごろの行動を観察した記録
  • 母子健康手帳
  • 子どもの自筆のノート など
なぜリストの物が必要になってくるのか

紹介してもらった医師は確かに発達障がいへの知識が深く、実際に発達障がいの子どもの治療にあたっている専門家であることでしょう。

しかしあなたの子どもについては、普段どういったことが気になり、これまでの発達の経過、家での様子、保育園や幼稚園または小学校での様子、何も情報がありません。

その状態ではどれだけに深い知識を持った医師であろうとも診断は不可能なのです。

そこでリストに挙げた物を持参していくことで医師の判断の助けとなる情報を上手く伝えることができます。

お母さんの情報は不安が募りやすくもしかしたら記録には少し偏りが出ることもあるかもしれません。

ですがそこは、実際の子どもの様子を視診しながらお母さんとの会話の中でより正確な家での様子が伝わるようになります。

また。客観的な意見として通っている保育園や幼稚園、小学校の先生による意見もまたとても大切な情報となり得ます。

連絡帳にそういった内容のことが書かれていればそれを持っていくと良いでしょう。

もしそういった記述のものがなく口答で伝えられたことがあったりするなら、専門科医への受診に必要なことを伝えれば先生がこれまでの子どもの様子を客観的に見た書類を作成してくれるので相談してください。

母子手帳はこれまでの子どもの発達記録が書かれていますから、それまでの発達や身体の成長の遅れの有無など重要な情報となります。


「ADHD」の診断には時間が必要

「不注意」、「多動性」、「衝動性」といった特徴は小さな子どもには成長過程として当たり前に見られる特徴であると言えます。

またそれらの特徴を示す他の障がいも存在しますし、発達による理由ではなく脳をはじめとする身体的な問題によってそれらの症状が現れることも無いとは言えません。

なので「ADHD」の診断には慎重な子どもの観察と、家族や教育機関との連携が必要不可欠になります。

場合によっては受診したと時の問診表とは別に、子どもの行動特性をチェックリストにしてまとめてあるシートを渡されることがあります。

これは家族用、教育機関用などがあり、改めてそのチェックシートに評価を記入していくことでより詳しい子どもの様子を知ることができる物になります。

他の病気による症状ではなく、家庭や教育機関での子どもの行動特性が明らかに成長がまだゆっくりである為に引き起こされるものではないと判断された時に初めて発達障がいであると診断が可能になるのです。

そして継続した経過観察を行い他の発達障がいではない場合に「ADHD」であるという診断が下され(他の発達障がいを併発していることもあり得ます)、専門的な治療へと移行していきます。


今回のまとめ

うちの子ってもしかして「ADHD」?不安になった時に診断を受けるのはどこか
診断を受けるのは何科になるの?
初めての受信では何を用意したらいいの?
「ADHD」の診断には時間が必要

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存