ADHDでも引きこもりの原因に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

最近では社会問題にもなっている 引きこもり ですが原因といったものはどういったものがあるのでしょうか。

精神疾患以外でも ADHD などもその 原因 のひとつと考えられています。

それでは引きこもりについて考えててみましょう。


ADHDでも引きこもりの原因に!

引きこもりの原因について

引きこもりの原因については、様々な要因があり、また単独の理由ではなく複数の理由など重なって起こる場合が多いとされています。

一般的にその人の性格なども関係している場合もありますが、うつ病などの精神疾患などが多いとされていますが、それ以外でも発達障害の関係性もあるとされています。

もちろん単純に発達障害であれば全てといったわけではありません。

特に自閉症スペクトラム障害などの内的な症状などの場合は「他の人との関わり」が苦手で大人しい部分が引き金となって不随することもありあす。

またADHA(注意欠陥多動性障害)などの場合についても、他の人との協調といった部分が難しい点で誤解を招き、そこから引きこもる場合もあります。

 特に、発達障害の人については常に誤解を受けやすい環境にある為、余計の引きこもる可能性が高くなってくるのかもしれません。


引きこもりの本当の原因と対応について

ADHAがあると現在自覚している人については良いのですが、大人になってから実はADHAだったといったケースも多く、あまり自覚症状がない場合もあります。

ただ、単純に回りの人の関係性が気まずくなったり、いじめがあった為で引きこもっているか、気質的な部分に関係があるのかで、引きこもり状態から改善する方法の手段も違ってくるため、ADHAや発達障害がある為か精神疾患なのか、または自分には原因がない、周囲のいじめなのかといった根本的な原因を知ることで引きこもりの対応が変わってきます。

引きこもりの支援でも、精神疾患など場合では、精神療法と服薬など併用によって治療が必要となります。

しかしADHAや発達障害の場合は発達障害が影響して2次的にうつなったいるのかといった判断も必要となります。

そういった場合は精神的なストレスの治療では解決できません。

ADHAの場合は相手の立場で物事を考えることが苦手とされる為、根本的な考え方のトレーニングが学校や職場で暮らす場合には必要とされる為、根本的な原因が分からなくて、環境を変えても、根本的なものが改善されないといった部分があるかもしれません。


引きこもり支援について

引きこもりの支援については、本人が直接支援を求めることは少ないと思いますので、周囲の方、特に家族の方が引きこもりの状態になってる子どもについて、そうすればいいのか。どこへいけば相談できるのかといったことが分からないといったことが多くあります。

‘まずは、お住まいの自治体(都道府県の)精神保健福祉課窓口などになります。また引きこもり相談窓口があるので、まずは相談する所から始めると良いでしょう。’

引きこもりの一番の問題は社会との断絶の為、悪循環に陥りやすくなることです。

本人もそうですが、その家族についても社会と孤立してしまってどうして良いかわからなくなってしまうことです。

また引きもり以外の飲酒や暴力といった問題が発生することもあるからです。

こういったことが家庭内だけで留まってしまって、受けることができる支援すら受けれないといったことがあります。

‘学齢期である時期は相談の窓口として学校がありますが義務教育期間が過ぎると身近で相談する場所が減ってしまいます。支援制度やシステムにも問題点があって、どこで相談すると良いか分かりにくいところや、本位がいないと支援ができないといったこともあったようですが、少しずつ、迅速支援ができるように変化しつつあるのではないでしょうか。’

※厚生労働省 

引きこもり支援センター設置状況リスト

兵庫教育大学

知的障害のあるひきこもりの青年に対する社会参加への支援 : 小規模作業所への復帰を目指した事例による検討


ADHA・発達症障害の支援は長い目での支援を

引きこもりの改善の為にはたくさんの人の関わりが必要となりことがあります。

特にADHAや発達障害などがある場合は、治療の為のプログラムなどについては、専門家やその他多くの人の支援が必要とされます。

本人や家族の努力もありますが、こういった‘プログラムを主菜するNPO法人やボランティアの人、または公的サービスを利用するケースもあるかもしれません。

とくに引きこもりンの為のプログラムは本人の意識を知りしそして意識を変化させて、実際に外に向けて行動を行うように行くものになりますので、本人や家族だけでは難しく、また時間もかかりますし、少しづつ進んでいきます。精神疾患の原因の引きこもりとは違う専門家からのアプローチも必要となってくるからです。‘子ども困っている状態かもしれませんが実家族もずっと長い期間不安の状態が続いているので、外にでて自分の不安を吐き出せる場所といったものが早くあると、引きこもりといった問題も未然で解決できることがあるのかもしれません。

※北海道大学

発達障害特性が背景にある社会的ひきこもりへの Community Reinforcement and Family Training(CRAFT)適用の可能性


おわりに

引きこもるまでにはいろいろな課程があって、ただ単純に「いじめ」だけでは解決できない問題があります。実は発達障害やADHAが根本の原因で、「他人のことが理解できない」「場の雰囲気がよめない」といったことが悪意なくある場合での誤解は辛いものとなります。

事前にADHAや発達障害や気質的にある場合は事前に周囲に説明し、協力してもらうことと自分でもルールをつくって行うことで、2次的なストレスや被害といったものを減らすことができます。

早めに原因を知ることで、引きもりについても正しいプログラムで回復することも可能です。

ADHAや発達障害は一人で考えないでまた家族の方も自分だけで悩まないで周囲の人の協力を得て少しづつ実社会に適応できるようになっていきます。また大人になった時でも自分で工夫することで、普通と変わらなく生活を送ることができます。

大切なことは2次的なストレスを少なくする工夫といったことで他の人とのトラブルを防ぐことができて、引きこもらなくでも日普通に日常生活を送ることができるでしょう。

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存