幼児がアデノウイルスにかかったとき、どうすれればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

adenouirusu-youji

幼児 がかかりやすい アデノウイルス による病気とは?どのような症状がでるの?

いつ子どもを登園させればよいのでしょうか。


アデノウイルスによる病気

プール熱(咽頭結膜炎)

主に、乳幼児から学童期の子どもに多い風邪のひとつです。

飛沫・接触感染するので、唾液や目やにが原因となります。

プールを介して感染することがあることから、プール熱と呼ばれています。

感染力が非常に強いので、集団感染が恐れられます。

急に熱が出ることが多く、中には39~40度近くの高熱がでることもあります。

また、3~5日の数日間は、熱が下がらないといった症状が続きます。

夕方にだけ熱が上がるなど、上下することが多いです。

熱が出始め、途中からのどの痛みや、鼻水、咳、下痢、腹痛、嘔吐、食欲不振、関節痛など一般の風邪としての症状が出ることもあります。

感染してから、発症するまで5~7日の潜伏期間があります。

発熱、充血などの症状が出現した数日間が感染しやすい期間です。

保育所や幼稚園への登園は、主な症状が消えて2日経過してからが目安となります。

はやり目(流行性角結膜炎)

1歳~5歳頃の子どもの間で流行しやすいアデノウイルスによる病気の一つです。

結膜が充血したり、瞼の裏側にぶつぶつができたりします。

目やにや涙が多くなり、かゆみやゴロゴロした感じがします。

しかし、乳幼児は体の不調を上手に伝えられなかったりします。

目の痛みが原因で、目をこすることもあります。

子どもの様子よく観察し、いつもと異なるようであれば、タオルやコップを別にするなどすることで、二次感染を防げます。

大人に比べ、子どもは重症化しやすいので、直ぐに病院で受診してください。

1~2週間は、感染の可能性があるので、医師の診断に基づいて登園させるようにしてください。

胃腸炎

アデノウイルスによる胃腸炎です。

乳幼児に多く、発熱の程度は軽く、腹痛、嘔吐、下痢を伴います。

また、その他にも、排尿時に痛みを伴い血尿がでる出血性膀胱炎、結膜にある濾胞が炎症を起こす急性濾胞性結膜があります。

保育所や幼稚園は集団の場です。

二次感染を防ぐためにも、早めの受診、医師の許可を取ってから登園するようにしてください。

家庭内でも、タオルの共有などは避けましょう。


今回のまとめ

幼児がアデノウイルスにかかったとき、どうすれればいいの?
アデノウイルスによる病気

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存