アデノウイルスにかかったときの症状は?どんな病気があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

adenouirusu-syoujyou

アデノウイルス というと、ピンとこない方もいらっしゃると思います。

アデノウイルスによって引き起こされるプール熱、はやり目は聞き覚えがあるのではないでしょうか。

アデノウイルスは、感染力が強いウイルスです。どのような 症状 が出るのでしょうか。


アデノウイルスとは

 風邪の原因となるウイルスの一つで、感染力が非常に高く、何度でも感染します。

よく知られている病気として、プール熱(咽頭結膜熱)、はやり目(流行性角結膜炎)があります。これらは、アデノウイルスによって引きおこされる病気です。

高熱が長く続き、胃腸や目にも症状があらわれることがあり、肺炎、膀胱炎、発疹、胃腸炎などを引き起こします。

アデノウイルスは、51種類(血清型で分類)あり、全てが病気を引き起こすものではないのですが、種類が多い分、色々な症状がでるのです。


アデノウイルスの症状

 アデノウイルスに感染したときの3つの代表的な症状があります。

 結膜炎

充血、目やに、目の痛み など

 高熱

37~40度の高熱が4、5日続く など

咽頭炎

のどの痛み・腫れ など

上で述べたように、アデノウイルスは種類が多く、症状は様々です。3つの症状が全て出るときもあれば、1つだけのこともあります。

また、その他の症状として、咳・痰、鼻水・鼻詰まり、腹痛、嘔吐、下痢、食欲不振などの一般的な風邪と区別がつかないような症状の場合もあります。

アデノウイルスの特効薬はないのですが、熱が長く続いたり、一向に症状が治まらなかったりすると不安になりますよね。

綿棒で鼻やのどをこすり、試薬に作用させると迅速に診断できる診断キット(保険適応)がありますので、病院で一度診察してもらうことをお勧めします。

結膜炎の症状が出たときは、涙で検査します。


予防法

 アデノウイルスは接触、飛沫、便などから感染します。

そのため、石鹸での手洗い・うがい・感染者との密接な接触を避ける・プールから上がったら、シャワーを浴び、目を洗い、うがいをする。

アルコールにも弱いウイルスなので、アルコール消毒も有効です。

感染してしまったら、高熱が続くので脱水症状に気を付け、タオルや食器など、感染している人と同じものを使わないようにしましょう。

胃腸が弱っているため、消化によいものを食べるようにしましょう。柑橘類は、吐き気を催す場合があるので、控えたほうがよいと思います。


まとめ

アデノウイルスにかかったときの症状は?どんな病気があるの?
アデノウイルスとは
アデノウイルスの症状
予防法

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存