ADHDってどんな病気?3歳の時の特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

3sai-adhd-tokutyou

ADHD』ってどんなものか知っていますか?耳にした事はあるけれど、具体的な症状や 特徴 はあまり知らない方も多いはず。

気になるのは、我が子がADHDではないか、という事。3歳 児検診で急に指摘を受けて、動揺しているお母さんもいるかもしれませんね。もしかしたら、と闇雲に戸惑うのはストップして、こちらの記事を参考にしてみてください。


ADHDってなに?

<ADHDとは>

ADHDとは、発達障害の一つで、注意欠陥多動性障害の事です。ADHDの兆候は、4歳頃までに現れることが多いので、他の子と比べてなかなか言葉が出ないなど、おかしいなと気付かれる時期が、ちょうど三歳頃です。

ですが、三歳であれば、まだ幼稚園など、集団行動や社会との繋がりができておらず、集団に溶け込むための対策を打てる時間が残されています。落ち着いて対策を練りましょう。

また、世界の偉人にはADHDを患った人が多くいます。現在では治療も可能な病気ですので、大事なのは、しっかりと治療を受けさせる事と、病気ではなく一人ひとりの個性と同じという温かい視線です。

こちらの記事も参考になります周知の天才達にはADHDが少なくない?ADHDの特徴は?


ADHDのセルフチェック

我が子に対してADHDが疑わしいと思ったら、病気として診断を受けに行く前に、一度セルフチェックをしてみましょう。

以下の項目は、ADHDの子供に現れやすい症状の一覧です。

幼児のADHDの診断は、『顕著な症状であること』『2つ以上の異なる場所でも症状が変わらないこと』『頻度』『重症度』など様々な要素によって診断されるので、あくまでも参考程度にチェックする事をオススメします。

  • じっとしていられない、落ち着きがない
  • 話を集中して聞けない
  • 順番が待てない、割り込んでしまう
  • 忘れ物が多い、物をよくなくす
  • 遊んでいてよく怪我をする
  • しゃべってはいけない時や場所でもしゃべりつづける
  • 友達と仲良く遊べない
  • すぐ癇癪を起こす
  • 人の話を最後まで聞かない
  • 予定を忘れやすい

などです。セルフチェックでどんなに怪しいと思っても、そこで完結させず、子供本人の為に必ず医師の診察を受けましょう。

問診と本人の様子が主な診断理由となりますので、話をよく聞いてくれる先生や、ADHDの診断・治療に明るい医師のいる病院で診断を受けるのが良いでしょう。


【関連記事】

ADHDの有名人?短所を長所に!


我が子がADHDだった時の接し方

ADHDの子供たちは、他の子と自分を比べてできない自分への自己嫌悪と戦いながら生きている場合があります。接するときに、ほんのちょっと気をつけてあげるだけで、様々な支障を乗り越えていける強い子に育ってくれるかもしれませんよ。

<褒めることが大事!>

『褒めて伸ばす』という言葉がありますよね。悪い事をした場合には、しっかり叱ってあげる事も愛情ですが、頑張ったのにできなかったときなどは、褒めてあげましょう。努力の過程を認めてくれる人がいると嬉しいのは、ADHDの子供も大人も変わりありません。

<特異な才能を持っている可能性も!>

ADHDの子供は、好きな事に集中する才能はピカイチです。もしも特異な才能を持っていた場合には、発見し、サポートしてあげると、大成するかもしれません。

<根気良さが大事!規則や順序が守れるよう教えましょう>

ADHDだからといって、自分勝手な行動は許されません。社会のルールとして決まっていることは、根気よく教えましょう。順不同で問題のない事は、興味のある順にやらせましょう。

<急な予定変更は避ける>

仕方ない場合もありますが、予定の変更はなるべく行わず、予測不能な事態にびっくりさせないようにしましょう。

<繰り返している失敗は教えてあげる>

一緒に行動していると、どういう状況でどのような失敗やミスを犯してしまうのか、周囲の人間が分かるようになってきます。その場合、これから先に起こりそうな事を前もって知らせてあげて、不安を解消してあげると慌てずにいられるでしょう。


今回のまとめ

ADHDってどんな病気?3歳の時の特徴は?
ADHDってなに?
ADHDのセルフチェック
我が子がADHDだった時の接し方

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存