生後3か月位の赤ちゃん便秘!母乳やミルクしか飲まないけど便秘?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SNSフォローボタン

生後3か月位の赤ちゃんの便秘!母乳やミルクしか飲まない赤ちゃんが便秘?

akatyan

大人は、好き嫌いによる偏食や運動不足など便秘になる要因をたくさん持っていますが、子供、特に生後3か月位までの母乳やミルクしか飲まない赤ちゃんの便秘は、原因がわからず、薬も使えないので対処に困ります。かと言って、便秘だけで夜中に病院に行くのも考え物です。

考えられる原因と対処法を知っておけば、慌てることもないですよね。


便秘は何故起こる?

便秘とは、読んで字の如く便を体内に秘めてしまった状態を言います。大人ならば自分の排便サイクルがわかっているので自分で対処しやすいと思いますが、赤ちゃんの便秘となると大人と同じにはいきません。

母乳やミルクしか口にしない赤ちゃんでも、実際問題便秘は起こります。

原因はいくつかありますが、まず、生後3か月位までの赤ちゃんは、1回にお乳を飲む量が一定ではないことが挙げられます。

お乳を吸う力も十分ではなく、毎回理想とされる量をきちんと飲めている訳ではないので、結果として、毎日の排便の回数や量も一定にはなりません。

大人のように、毎朝決まった時間に出るということはあり得ないということです。

赤ちゃんの腸も、長い子もいれば短い子もいます。個人差がありますのでよその子と比べることもできません。

赤ちゃんの便秘の定義ははっきりと決めることはできません。

それでも、二日、三日と便が出ない状態が続くと、お腹がポンポンになってお乳の飲みも悪くなり、機嫌が悪い状態が続くようになります。

そんな時は、ベビーオイルを浸した綿棒などでお尻の穴を優しく刺激してみてください

通常、肛門の近くまで便が下りてきていれば、その刺激でスルスルと出てきます。赤ちゃんの身体は発達途上なので、『うんちがしたいよ』という脳への指令がうまく伝わらないこともあるからです。

沐浴後や、真夏の汗を大量にかいた時などは、お乳以外に白湯をあげてみるのも良いです。

赤ちゃんの便秘はそんなに心配しなくても成長とともに改善されていくことがほとんどですが、稀に『腸重積』という赤ちゃんに起こりやすい病気が隠れていることがあります。

何日も便が出ない、普段の泣き方とは違う激しい泣き方をする、吐く、熱が出るなどの症状が同時に起こっている時は、迷わず病院を受診してください。


赤ちゃんの便秘はどうすれば治る?

基本的に、赤ちゃんの排便サイクルは一定ではありません。一日の量も回数も

その日ごとで違って当たり前ですから、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。

成長とともに段々回数も減り、赤ちゃんなりのサイクルができてくるようになります。

毎日お尻を刺激しないと出ない、刺激しても出ない、二日、三日出ないことが当たり前という状態が続くようであれば、一度小児科を受診してみるといいでしょう。

成長過程で自然に起こる便秘であればいいのですが、見えないところで病気が隠れていないか確認しておくことは大切です。


乳酸菌は身体に良い?

大人は、便秘の際にヨーグルトなどの乳製品を食べて、腸内細菌を増やして便秘を解消することがあります。乳酸菌飲料を積極的に取り入れて便秘予防する人もたくさんいます。

赤ちゃんも同じだと思って、乳酸菌飲料を哺乳瓶であげるお母さんがいるようですが、これは大きな間違いです。

市販の乳酸菌飲料には、子供が飲みやすいように大量の砂糖が入っています。赤ちゃんのうちに与えてしまうと、便秘解消どころか虫歯の原因を作ることになってしまいます。

お乳以外で飲ませるのは、白湯や麦茶の薄めた物くらいで十分です。

飲んで、寝て、出してを繰り返しながら、赤ちゃんは成長していきます。

赤ちゃんのうちはオムツ交換の回数も多くて大変ですが、成長に必要なステップだと思って、ご家族みんなで協力してあげてくださいね。


まとめ

生後3か月位の赤ちゃん便秘!母乳やミルクしか飲まないけど便秘?
便秘は何故起こる?
赤ちゃんの便秘はどうすれば治る?
乳酸菌は身体に良い?

SNSフォローボタン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存